そろそろ、「キャリアの組み合わせ」を考える時が来た。