仕事現場でタブレット活用法と今後の課題とは