Strong AI

AI用語集

AI用語集ではAIに関する用語を中心に
まとめています。
初めて聞く用語や、インターネットを使っていて
わからないことがあったときにお役立てください。

Strong AI(強いAI)

Strong AI(強いAI)は、哲学者ジョン・サールによって提起された言葉で、Weak AI(弱いAI)と対になる言葉である。
ジョン・サールによると、強いAIには精神が宿ると定義している。
AI(人工知能)の定義自体は「人工」の「知能」と言うことであり、一般的に言われているAIとは強いAIこの事を指す。
現在のところ、強いAIと呼ばれるものは実用化されていない。

強いAIの定義

強いAI、すなわち人間の脳に類似または即したプログラムには「意識」や「思考」が芽生えるとされている。つまり、人間と同様に知能を持ち、人間と同様の作業をこなすことができ、何らかの自意識を持っている状態と定義される。

しかし、AIがどの程度人間の知能に近いかについて、人間に利用する「知能指数」などの尺度をそのままAIに適用することは難しい。

AIの知能がのレベルを計るための一番簡単な方法として、複雑なモデルに対してコンピューターが、認識して結果の予測を立てるまでの時間が短いほど能力が高いと判断する方法、AIの知能が人間と同等かを計る為の方法として「チューリングテスト」と言われる対話の相手が人間もしくは、コンピューターであるかを隠された状態でコミュニケーションを行い、人間がコンピューターのことを人間であると認識する事ができれば、人間と同等の知能があるとするテストなどがある。

強いAIへのアプローチ

強いAIと呼ばれる人工知能を実現するために以下のようなアプローチがなされている。

・人工汎用知能(Artificial General Intelligence)
AGIと呼ばれる人工汎用知能とは、コンピューターが人間と同等の知能を持つことを目標にすすめられているものである。
人間と同等の知能であるかの確認には「チューリングテスト」が用いられるが、現在のところ短時間のテスト(期間に制限のあるテスト)において、コンピューターのことを人間と認識される程度までしか達成していない。

・合成知能(Synthetic Intelligence)
合成知能を提起する人々は、「人工知能」と言う言葉は矛盾していると考えており、SI(合成知能)と言う言葉を「人間が意図して作成する知的なもの」を指すと定義している。そしてそれこそが、「強いAI」そのものであると言うことになる。
また、この合成知能と言う言葉には、人間が集積してきたテクノロジーが相互作用して知能が発生するものという捉え方もできる。

・人工意識
コンピューターが知能を持つことによって最終的に人工的な「意識」を持つものこそが「強いAI」であるというアプローチ。哲学者ジョン・サールは、コンピューターの知能が以下に発達しても「意識」を持つことはないと中国語の部屋という思考実験で結論づけている。

・人間の脳のシミュレーション
人間の脳をコンピューターで再現することによって「強いAI」を作成するという試み。もっとも簡潔で分かり易い方法であるが、人間の脳を正確にシミュレートする事ができるほど人間の脳の解析は進んでいない。

・直接的アプローチ
人間が飛行機を作るにあたって、初期は鳥の形状を模したものが作られたが、実際には飛行機は鳥と全く異なることを指摘し、人間の脳や知能をモデルとせずに直接「強いAI」を作成するというアプローチ。「AIとは何か?」と言う定義が確定していないことが一番の問題。

関連する他の用語