Wit.Ai.

AI用語集

AI用語集ではAIに関する用語を中心に
まとめています。
初めて聞く用語や、インターネットを使っていて
わからないことがあったときにお役立てください。

Wit.Ai.

Wit.Ai.はWit.Ai社が提供する機械学習を行うAPIで、自然言語処理の技術をベースに、言語また音声による入力に対して繰り返し学習を行い、的確な対応が可能になる。基本的な機能は無料で提供しており、エンジニアではなくとも個人でも実装することが可能。この技術を使い、人間とコミュニケーションを取っているかのようなアプリケーションの開発が期待される。

Wit.Aiの利用シーン

Wit.Aiはモバイルアプリやロボット、ホームオートメーションなど様々な分野の製品に活用されている。音声入力のも対応可能な点はWitのサイトを訪問すれば、その可能性の広がりが理解できる。チャットのような形でおすすめのレストランを教えてくれるアプリ、音声による指示を聞きコーヒーを入れてくれるロボット、さらには音声対話によるレシピや天気、またラーニングサポートなど多岐にわたる。

Wit.Ai社について

Wit.Ai社はアレックス・ルブラン、ウィリー・ブランドン、ローレン・ランドスキーの3名によって、2013年に創業しWitをリリース。2015年にはfacebookの傘下に入り、翌2016年には対話型botの開発に特化した「Bot Engine」をリリースした。Witの対応は当初の11言語から、日本語を含めた39言語が新たに追加、開発者のコミュニティは45,000人を超えるなど、そのシェアをますます拡大中である。

Wit.Aiを使った開発

Wit.Aiの利用はGitHubアカウント、またはfacebookアカウントでログインできる。
Wit.aiのアカウントを登録後。新規アプリを登録。登録したアプリ上で展開する会話のストーリーを作っていく。会話を作成、動作確認、と言った流れで利用する。
Wit.AiはNode.jsというサーバーサイドのJavaScriptで動くので、これをインストールして設定を行っておくとスムーズである。
会話は音声認識可能であり、ロジックの部分のみ実装しておけば、Facebook Messengerと組み合わせたオリジナルBotやSiriの様な対話型アプリが作ることもでき、個人レベルでも楽しむことができる技術である。

関連する他の用語