1214633496

こんなお困りごとはございませんか?

教育現場において、自動採点ツールの精度が悪く、長時間労働の要因になっている

AIの導入を検討しているが何から手をつければいいかわからない

 

製造において作業のチェックや点検をPCなどにインプットする作業が多すぎる

AIに関するそのお悩み、ITの力で解決しませんか?

キャパで提供可能なサービスの一例​

機械学習の導入による
採点などの精度向上

自動評価システムに機械学習を導入、ディープ・ラーニング手法(深層学習)によって、採点の精度を向上できます。

製造業の点検・メンテナンスなどの
業務効率化

物体や文字の画像認識をAI学習により読み取り、点検時にデジタル数値を認識、作業データの自動ログ化を行います。

キャパを選ぶ理由​

AIの専門知識が豊富

まずはご相談ください。
これまでのノウハウを生かしたご提案が可能です。

 

各種技術も幅広く対応

IoTやWeb開発、モバイルアプリケーション開発など
幅広い技術を組み合わせた開発が出来ます。

関連情報

ITで拓く
ハイテクな建築技術

大手ゼネコンである竹中工務店は、BIMに限らずAI技術を積極的に導入しています。2017年から構造設計AIの開発を行い、2019年にはIoT技術を駆使した建築物で、AIを使った空間制御システムの実証実験も始めました。AI(人工知能)は様々な業界への導入が進んでいます。その1つが建築業界であり、BIM(Building Information Modeling)とAIを掛け合わせたさらにハイテクな技術が生み出されているのです。

清水建設とNTTが開発 AI目視検査の効果

建設現場における目視検査は、熟練の作業員がその経験から良し悪しを判断する側面が大きく、機械に取って代わりにくいと考えられる業務の一つです。しかし、清水建設とNTTが共同で開発したAIによる目視検査は、またひとつ現場の作業負担の減少に役立ってくれる、新しいテクノロジーとなりそうです。清水建設はNTTコムウェアの提供するAIを活用し、目視検査を効率化させるためのシステムを開発しました。

大成建設、マイクロソフト AI・IoTで協業

大成建設がマイクロソフトと協業して、新しいビジネスソリューションを始めると発表しました。AIやIoTを駆使してIT化したシステムで、建物や人を守ることを目指しています。これは企業が導入しやすいMicrosoft AzureとWindows 10 IoTをメインシステムとするようです。「建てること」だけを目的とするのではなく、建物の維持管理や利用者満足度を向上させるなど、「建てたあと」にも注力するようにしたのです。

弊社開発パートナー「ONETECH ASIA」と一部共同開発を行っています。

    PAGE TOP