iPhone7のカメラが世界を変える


iPhone7がいよいよ発売になりました。
Apple PayがついにFelicaに対応して盛り上がりを見せるなか、実はApple社が一番力を入れているのはカメラなんじゃないかと思っています。スペックを見ると気合の入れ方が一段違う気迫を感じますよね。そんなiPhone7のカメラが世界をどの様に変えるのかXperiaユーザーが語ってみたいと思います。

iPhone7/iPhone7Plusカメラ仕様

iPhone7/iPhone7Plusのカメラ仕様をまとめて見ました。iPhone7Plusのデュアルレンズと言う事で望遠レンズが搭載されております。

広角望遠
焦点距離(35mm換算)28mm56mm
開放f値f1.8f2.8
画素数1200万1200万
光学式手ぶれ補正ありなし

 

 

 

 

 

 

 

 

広角レンズは解放f値がf1.8とすごく明るいレンズです。
手持ち撮影が基本のスマホで明るいレンズでシャッタスピードを稼げるのは重要ですよね。
光学式手ぶれ補正もあるのでより手持ちで綺麗な写真を撮る事が出来ると思います。
Twitterなどで既に画像がアップされていますが、f1.8のおかげかボケ味もあるそうですね。一眼の様なボケは期待出来ないと思いますが・・・
ちなみに、“ボケ” は英語で“Bokeh”と書き世界共通です。語源はもちろん日本語です。

 

そして、7Plusの目玉。デュアルレンズの望遠ですが、こちらには光学式手ぶれ補正が無いんですね。望遠にこそ必要な気がしますが・・・
2倍の光学ズームと言ってますが、2つの単焦点レンズを切り替える事なので、光学的に28mm-56mmと言うわけでは無い様です。途中はデジタルズームで補完されます。
また、望遠側で明るさが稼げない等の理由で望遠より広角側を利用した方が良いと判断された場合は、望遠側に切り替わらずに広角側のカメラのデジタルズームが利用される様です。手ぶれ補正が無いのはそのせい?
所でデジタルズームを利用する頻度ってどれくらいなんでしょうね?

レンズ沼に嵌る人が続出

なんにしても、広角と望遠の2種類のレンズが搭載されたと言うのは大きな進化だと思います。光学ズームをスマホユーザーが体験する事により、次の様な事が考えられます。「寄れる」と言っても、所詮は56mm。これは一眼で言う標準に近い画角です。普通に撮っていればもっと寄りたい時は出てくる筈。その時に光学ズームの画質を知ってしまったiPhoneユーザーが、

 

「もっと寄りたい・・・でもデジタルズームじゃ物足りない・・・」

 

と誘惑にかられ、レンズ沼に嵌っていく。そんな人々が大量に発生するのではないでしょうか?iPhone用外付けレンズ業界は微笑んでいるかもしれません。

被写界深度エフェクト

今回、一番の目玉と言ってもいいくらいではないでしょうか。背景をボカした今までスマホではアプリなどを駆使して撮っていた写真がお手軽に撮れるようになります。

 

一番の目玉と言っているのに一番最初に紹介しかなったのは、このエフェクトは2つのレンズを有効に活用しているからなんです。レンズの仕様を先に紹介してないと話がしにくいと言う理由です。

 

2つのレンズを利用する為、iPhone7Plusでのみ可能です。まだ未対応の様ですが、今後のOSアップデートで利用可能になるようです。
ポートレートなどで人物クッキリ、背景はボケている写真をよく見ると思います。お手軽スマホカメラで背景ボケの写真が撮れる時代になったんですね。

新たな玉ボケの時代が到来する

さあ、この背景ボケがスマホで手ごろに楽しめる事により、これまで一眼だけのお楽しみと思われていた「玉ボケ」をスマホユーザーが体験する事になります。

 

玉ボケ

 

それはスマホユーザーには甘美な響きです。特にSNSで写真を投稿する事が多い人にとっては一眼だけの特権の様に扱われている玉ボケ写真を羨ましく思っていたに違いありません。スマホユーザーが玉ボケを手に入れた事で世の中に玉ボケ写真が溢れかえる事になるでしょう。特にInstagramには玉ボケの写真が溢れかえり、Twitterでは「玉ボケ」がトレンド入りするかも知れません。あまりの玉ボケに食傷気味になる事も考えらえれますが、すそ野が広がった事により、これまでに無い玉ボケを使った写真表現が出てくる期待で胸が膨らみます。

 

実際にAppleの製品発表の時には、玉ボケ背景が映し出されていたくらいですから、Appleが玉ボケに対して強いこだわりを持っているのがわかります。

RAW記録

iPhone7と言う訳ではないですが、これも大きな目玉の一つですね。iOS10以降、A8/A9以降のCPUを搭載しているデバイスでRAW記録が可能になるようです。カメラが高性能になったiPhone7でますます活きてくる機能な気がします。

 

RAWってなんだろ?って方は以下のサイトへ。

 

で、RAWデータが取り扱える事によって何が変わるのでしょうか?
RAWデータには、JPEGなどでは欠落してしまったデータもしっかりと記録されています。要するに撮影した状態により近い形で画像を加工(現像)する事が出来ます。また、ホワイトバランスなんかも後から調節できるので好き様に加工(現像)する事が出来ます。写真に対しての表現に対するバリエーションが豊かになり、iPhoneだけで今まで以上にクリエイティブな写真を撮る事が可能になります。
まぁ、そういう人は面倒くさいと言う人もいるでしょうけど(笑)

 

ユーザーの使い方だけでなく、それ以外にも色々と変化があると思います。

カメラアプリがRAW対応

JPEG加工よりも品質が保たれるRAW現像。各カメラアプリは対応に追われるのではないでしょうか?
実際にLightroom for iOSが早くも対応しています。

 

 

InstagramもRAW現像に対応する可能性が十分ありますね。

写真データの大容量化

RAWデータはそもそも大容量です。
RAWデータを保存しておくと言う事はそれだけストレージを圧迫すると言う事になります。一眼などカメラを趣味としている方は身に染みて体験されていると思います。これを見越してか現にiPhone7の容量はiPhone6Sと比較して増えています。それでも256GBでもガンガン撮る人には不足する可能性もあります。と言うか不足するでしょう。

 

となると・・・クラウドストレージ業界がこぞって写真データのバックアップサービスに乗り込んでくる可能性があります。と言うか乗り込んできています。最近のクラウドストレージの画像に対する優遇措置はこのためだったのかと思うほどですね。特にスマホはクラウドとの親和性は高いですから。

 

大きな進化を遂げたiphone7のカメラとiOS10の画像機能。
これまで市場を奪い続けていたコンデジに容赦ないトドメとなるのでしょうか?

関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP