IoTがあなたの「落とし癖」を助ける


拝啓、頻繁に物を失くす皆さんへ

気をつけていても物を失くすことってありますよね。特に財布や鍵をなくしたときなんか冷や汗が出てきます。

私も頻繁に、特に鍵をなくし、家に入れなくなるということがあります。

でも、そんなことを心配する必要はもうありません。

MAMORIOをご存知でしょうか?

 

MAMORIOとはスマートフォンとペアリング(同期)し、大切なものに取りつけて使用することで、手元から離れるとスマートフォンにプッシュ通知が送られ、紛失した場所も地図で確認することができるIoTデバイスです。

名称未設定

 

(写真: MAMORIO HPより)

MAMORIOの登場により、「物を失くすということ自体がなくなる」かもしれません。

 

今回はMAMORIOが買いである理由を紹介していきたいと思います。

・圧倒的なコストパフォーマンス

MAMORIOの価格は3,500円(税抜)です。

現金やクレジットカードなどが入った財布を紛失した時の損失を考慮した場合、MAMORIOは決して高い価格ではないと思います。

電池の寿命は約1年間ですが、現在キャンペーンで無料でMAMORIOを1つ手に入れることができるスペシャルチケットが同梱されています。

MAMORIOが2つで3,500円(税抜)で購入でき、つまり約2年間利用することができます。

MAMORIOは、万が一の保険として考えればコストパフォーマンスは非常に高いと思います。時代が進むにつれ、ついにモノにも保険をかける時代が来たのです。

 

 

・紛失防止に本気で取り組んでいる

MAMORIOは「なくすを、なくす。みんなでさがす。」をテーマにしています。

「みんなでさがす。」を体現している「クラウドトラッキング機能」からその本気度が伝わってきます。

クラウドトラッキング機能とは、MAMORIOのアプリを入れているユーザー同士で協力して落し物を探す機能です。

もしMAMORIOをなくしてしまった人がクラウドトラッキング機能をオンにすると、捜索が開始され、他のユーザーが、紛失したMAMORIOとすれ違ったときに、その場所をお知らせしてくれます。

MAMORIOユーザーが多いほど、紛失中のMAMORIOと誰かがすれ違い、落し物が見つかる可能性が高くなります。

 

最近では、東急電鉄と連携し、「お忘れ物通知サービス」が始まりました。

これは、MAMORIOから発信されている位置情報を、駅などの公共施設に設置する本サービスの専用アンテナ(通称:MAMORIOアンテナ)が受信することで、紛失物の位置情報を通知することができます。

(参照: 東急電鉄 世界最小の落し物追跡タグ「MAMORIO」を活用したお忘れ物通知サービス 東急線渋谷駅で試験導入 2016/11/11)

 

今後この動きが広まっていけば、本当に紛失という概念がなくなるかもしれません。

 

さらにすごいのが「MAMORIOあんしんプラン」です。

MAMORIOあんしんプランは、登録したMAMORIO本体それぞれに対して、紛失時の自動クラウドトラッキングモードの適用・捜索支援のカスタマーサポートが提供されるサービスです。

 

MAMORIOあんしんプランは、年1000円 / 1デバイスで加入することができ、財布、鍵、電子機器、バッグが対象となっています。

MAMORIOあんしんプラン for 財布を例にとって紹介すると、紛失時に「みんなでさがす」が自動的にONになり、紛失後には捜索支援サポートも受けることができる。

加えて、財布が紛失・盗難された際、3万円まで費用が補償されます。

 

以上から、MAMORIOがどれだけ紛失防止に本気で取り組んでいるかが感じられると思います。

 

さて、唯一不安視されているのはスマートフォンの電池の消費です。

MAMORIOの利用には、Bluetoothをオンにしておく必要があるため、電池の消費が早いのでは、と不安視されています。

 

以前、これについてMAMORIOのスタッフが消費電力について調査したようです。

こちらは、SNSしか殆どスマートフォンを使わないスタッフの消費電力の割合となっております。

名称未設定2

 

 

2ヶ月程前のアプリのバージョンと比べ、8割程消費電力を抑える事ができたとはいえ、普段あまりスマートフォンをご利用でない方にとっては依然びっくりしてしまうような値であるかもしれません。

 

しかし、注目して頂きたいのは下記の数値です。

こちらの数値は、18.8時間の間、常に周囲のMAMORIOを観測し、GPSで位置情報を取り、サーバーにログを上げ続けるという作業を行っていた、という事を意味しております。

 

つまりこの日、Twitterは48分しか働いていませんが、その20倍ほど働いたMAMORIOの消費電力は、その3/4なのです!お客様の欲求を叶える為に稼働している、という点では、Twitterアプリの26倍も電力効率がいいという事になります。

しかし、上記で例にあげたパーセンテージはあくまでも相対的な数値であるため、あまり携帯を触っていなかった場合、アプリを開いていなかった場合は必然的にパーセンテージの値が高くなります。

 

(参照: MAMORIO: MAMORIOは省電力?!、2016/06/20)

 

MAMORIOも消費電力は課題だと考えており、サーバーに送るログの回数の頻度を少なくする事で、大幅な電力消費が抑えられるエコモード等を検討しており、今後も品質の改善に努めていくとのことです。

 

 

まとめ

以上、MAMORIOがいま買いである理由についてまとめました。多少、消費電力に課題はあるものの、紛失した時の損失を考えると購入するメリットの方が明らかに大きいと言えます。

 

消費電力の部分に関しても、積極的に改善していく意向がうかがえるので、将来気に解決されていくでしょう。


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP