【Qiが濃厚】Appleが採用するワイヤレス充電規格は何か


2016年に発売されたiPhone7は、Suicaや電子決済の「おサイフケータイ」(FeliCa)をサポートしたことなどで注目を浴びました。しかし、本体のデザインは基本的にiPhone6、6sからの持ち越しとなり、モデルチェンジごとに本体のデザインを大きく変えてきたAppleらしくないという批判があったのはご存じでしょう。

しかし、本当のところは、iPhone7自体がiPhone6シリーズのマイナーチェンジであり、2017年に発売されるiPhone8(予定)こそが、iPhoneの10周年ともかさなる、本当のモデルチェンジになるのではないかと言われています。(iPhone7sも同時に登場するという予想もあります)

2017年のiPhone8が変わるのは外観だけじゃない

今年発売される新型は、2017年に初代iPhone発表から10周年の記念モデルとして、デザインを含めて大きく機能が変わると予測されます。

デザインについては、背面がガラスになりiPhone4を彷彿とさせるデザインになるという予想が主流です。
機能面ではディスプレイが液晶からOLED(有機EL)に変更され、ホームボタンなどが廃止されるとも予測されています。

そして、もう一つの目玉がiPhone7でステレオジャックを廃止し、ヘッドフォンの無線化を進めたように、充電ケーブルを無くして無線化すると予想されていることです。

iPhone8の無線充電にQi(チー)が有力な理由

iPhone8が、フロント及び裏面をガラスでサンドイッチしたデザインに変更されるとう予測は説明した通りですが、背面にガラスを採用する理由の一つが、iPhoneに無線充電を実現させるためと言われています。

iPhoneに無線充電を搭載するにあたってAppleは、複数の無線による給電方法を試していると言われています。

その中で新型で採用されるのに一番有力なのがQi(チー)と呼ばれる規格です。
なぜ有力なのかというと、まずはじめに、Appleが2月にWireless Power Consortium(WPC)に加入したことです。
Samsung、LG、東芝、キヤノン、Dellなどおよそ200社が加入する同団体が進めるのがQi規格なのです。

そして次に最近の動向として、ヨーロッパや北米などの自動車メーカーに加えてトヨタなどが、Qiを車内でのスマートフォンの無線充電の規格として採用する動きがある事実です。

また、無線充電はiPhoneがAndroid勢に遅れをとっている部分でもあるので、Appleとしても無線充電の対応は必須で、急務だったとも考えられ、既存で安定している規格のQiを採用する可能性は十分考えられます。

そして実は、Qiを使ったApple製品はすでに存在しています。
AppleWatchの充電方法は、実はQiの技術を使っています。しかし、AppleWatchはQi規格をAppleWatch用に独自にカスタマイズして使用しているため、実際はQiと互換があるわけではありません。

本当にQiなのかは蓋を開けてみるまでわからない

しかし、本当にAppleが一般的に広まっている規格をそのまま採用するのでしょうか。

無線充電の規格は、充電パッドが必要なく、数メートル離れていても充電可能な「WattUp」なども魅力的ですし、Appleは独自の無線給電の方法を模索しているとも言います。

また、素直にQiを採用せずにAppleWatchのように独自のカスタマイズを加える可能性もゼロではありません。

実際にどのような無線充電技術を採用するのか、Qiだけではなく他の規格をサポートするのか、はたまた誰もが思いもよらなかった独自の方法を採用するのか、実際に発表されるまでは不明な点が多いですが、10周年の記念のiPhone8には我々をあっと驚かせてくれるようなサプライズを期待してしまいます。

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP