Appleが示すスマートホームのあり方


スマートホームとはよく未来の家のすがたとして映画やテレビに登場するような音声で照明が付いたり、家の近くまで帰って来ると自動的に空調がオンになって快適に過ごすことができるというような世界を実現するものです。

そんな夢のような生活を実現する方法の一つが、AppleのHomeKitを使ったスマートホームなのです。

Appleが示すスマートホームとは

 

Appleのスマートホームの中心的考え方は、iOSデバイスを使って家庭に設置された個々IoT機器、例えば電球や空調やシェードやカーテンや冷蔵庫といったものをコントロールする事によって実現することです。

それだけでなくAppleは機器の動作の組み合わせをあらかじめ設定しておくことによって、シーンごとのプロファイルを決めることができるという点が特徴となっています。

たとえば「帰宅」というプロファイルには、自宅の鍵の解錠、電灯のスイッチを入れる、空調をオンにするなどが考えられますし、「映画を見る」というプロファイルには、照明を落とし、カーテンやシェードを閉めて映画の鑑賞に適した状況を作る。
そして、「就寝」時には、照明を落として鍵をロックするなど自分の好きなようにプロファイルを作って、それをiOSデバイスまたはSiriを使って呼び出すわけです。

 

Appleが考えていたスマートホームのハブとは

 

Appleが2014年のWWDCでHomeKitを用いたスマートホームについて発表した際には、家庭に設置するハブとしてAppleTVを想定していました。

AppleTVがネットワークにつながり、iCloud経由で家庭のIoT機器を操作するためには、ApplrTVの普及が必用だったのです。

その後、家庭に常に設置しているiPadでも可能になりましたが、Appleの予想ほどはAppleTVが普及しなかったと言うことかもしれません。

 

Appleのスマートホーム構想が停滞したわけ

 

Appleの方針ではAppleは自身ではIoT機器を製造せずにサードパーティーにその開発を任せる方針でした。それについてはなんら問題ありません。しかし、AppleのHomeKit対応の機器に搭載する通信チップにはAppleのMFi認証をうけたチップの搭載を必須とした点が問題でした。

MFiチップを採用することによって、IoT機器を家庭のネットワークに参加させるという手間を省いてユーザは簡単にスマートホームを実現できること、そして通信のセキュリティについてMFiチップで担保しようとしたのです。

利便性やセキュリティ上の理由もあるとはいえ、サードパーティーにとって高価なMFi認証を受けたチップを使用しなくてはならずコストが上昇し、Appleの監査に合格する必要があることは非常に高いハードルとなってしまったのです。

 

Appleが停滞している間にやってきたAmazon

 

早くから発表され、注目されていたAppleのスマートホーム戦略ですが、このような問題があり停滞を余儀なくされていました。

Googleも同様にスマートホームの構想を持っていましたが、Appleと同様に停滞を余儀なくされていました。

そんなときに現れたのがAmazonのEchoです。リビングに設置するスピーカーと、人工知能アシスタントのAlexaがあっという間に勢力を伸ばしました。
AmazonのEchoがすごいのは、2017年初頭でサードパーティー700社、1,500にも及ぶ対応機器を揃えたということです。AppleとGoogleがまごまごしている間にあっという間にトップに躍り出たのです。

2017年のWWDCではAppleがHomePodを発表しました。HomePodは音楽デバイスだとAppleはいいますが、間違いなくAmazon Echoを意識しているのでしょう。

 

欧米ではAmazon優勢 では日本は?

 

このように欧米ではAmazonのEchoとAlexaによってリビングルームの陣取り合戦はAmazonが現状では優勢です。しかし、日本は世界で一番iPhoneのシェアが高い国で、しかもまだAmazon Echoは日本語に対応していません。日本でのスマートホームの覇権争いはまだ始まってもいないと言っても間違いではありません。

 

 

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP