【スマホで仕事】スマホでどのように仕事が変わったか


4年ほど前に、みずほ情報総研がスマートフォンに関するレポートを書いていた。

技術動向レポート ビジネスにおけるスマートフォンの活用パターン

ビジネスにおいてスマートフォンの活用が加速しているが、有効に活用するにはスマートフォンの特徴を把握することが重要である。本稿では、スマートフォンの特徴を明らかにし、事例を踏まえて活用パターンを論じる。

かつての予想がどの程度まで当たっていて、どの分野が今後伸びそうか、検証してみる。

彼らの分析によれば、スマートフォンの機能を用いた仕事の変化は、次の事項に訪れる。

  1. ビジュアルな情報共有
  2. 社内システムの社外利用
  3. 自社サービスのアプリ化
  4. 位置情報の取得

現在は果たしてどうなっているか。

1.から見てみよう。まず、ビジュアルな情報共有の最たるものは、写真・動画の撮影⇒共有 と言うパターンだろう。議事録の作成が簡便化したり、日報などの報告書、マニュアルの作成などあらゆる分野でスマートフォンの特性を用いることができる。

2.については、容易に想像がつく。社員の出退勤から外回り営業マンの管理、現場作業の際のデータベース参照や、スマートフォン端末を用いた決済まで、これまでPCで行っていた業務のかなりの部分をスマートフォンで代替できる。

3.自社サービスをアプリ化することで、顧客の誰もがダイレクトにサービスを利用できるようになる。2.と組み合わせることでサービス提供からサービス利用までの一連の流れをすべてWeb上で行うことも可能だ。

また、何らかの粗品代わりにアプリを提供する、ということも可能。ARなどを用いたバーチャルなリワードの提供などの広がりもある。

4.位置情報が利用できると便利なことも多い。端末を所持しているときに、社内の顧客データベースにアクセスし、近場の顧客がどの程度分布しているのかを把握したり、顧客の端末からエリアデータを貰うことにより、顧客のターゲッティングにも使うことができる。

最近では位置情報を用いたビーコンが、顧客に最適な広告を端末に直接配信することも可能となっている。

 

このように、高機能な端末がすでに現実の仕事の姿を変え始めている。

各社がしのぎを削ってスマートフォンを用いたビジネスツールを開発しているが、新たな市場の創造につながることは間違いない。

(Photo:Luke Ma)


関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP