ビジネス向けSNS,Workplace by Facebookとは


2016年10月10日にFacebookが企業用のSNSをリリースしたことはご存知でしょうか。名前を「Workplace by Facebook」といい、ホーム画面がFacebookに似ているため、気楽に導入できることで知られています。企業向けのSNSは、うまく活用することで業務効率が改善できます。業務効率を改善することで残業を減らしたりストレスを減らしたりできるため、職場環境の改善につながるのです。ぜひ、Workplace by Facebookを活用して、ゆとりある職場環境を実現しましょう。

 

 

企業向けSNSをうまく活用することで業務効率の改善が可能

 

業務効率の改善と一言でいっても、対象となる業務も多種多様であるため、何を指しているのかわからないことも多いでしょう。ここでは、Workplace by Facebookで利用できる場面を具体的に挙げていきます。導入イメージが湧いてくれば、どの場面で業務効率の改善が出来るのかがわかってくるはずです。

 

スケジュール管理

ほぼすべての企業向けSNSについているのがこのスケジュール管理。個人的に利用してもグループ全体の進捗管理として利用してもOK。個々人の業務をできる限り見える化していくことによって、どこが弱いのか、何が仕事のキーとなってきているのかも見えてきます。また、メンバーのわからなかった得意不得意も見えてくるため、差配や業務管理もしやすくなるでしょう。

会議議事録代わりに

Facebookはそもそもメッセージを残しておく仕組みがあります。当然、Workplace by Facebookでも同じ。メッセージを残しておくことで、今まで何を話していたのか、これから何を話していくのかが明確になるため、SNS内で簡単な会議のようなものを行うことが出来るでしょう。また、グループ内メッセージ機能と1対1機能をうまく活用することで、必要な情報を抜き出しておくこともできます。

コミュニケーション管理

現在、SNSなどを活用していない部署では、メールや紙による人の管理が一般的。Workplace by Facebookをうまく活用することで、こうしたメールや紙などがいらなくなる可能性もあります。よく使われるのは勤怠管理や掲示板管理。必ず伝えなければならない情報というのは、意外と受け手は忙しく、待ちの時間が増えますが、Workplace by Facebookを活用すれば、少なくとも発信者は送っておけばよいということになるでしょう。このように、業務に必要なコミュニケーションなのかどうかを判別していくことによって、働き方そのものの改善につながっていくのです。

 

Workplace by Facebookの機能

それでは、具体的にWorkplace by Facebookに備わっている機能についてみていきます。

コンテンツの投稿

Workplace by Facebookでは、Facebookのように、企業やグループのタイムラインにコンテンツを投稿できる仕組みを持っています。企画案や営業方針などをコンテンツに投稿しておくことで、社内のキーマンに情報を瞬時に回覧することが出来るでしょう。「いいね」や「シェア」をうまく使うことで、誰が目を通して誰が通していないのかもわかるようになります。

グループ

特定のユーザーを集めて一つのグループとして利用するのがグループ機能。プロジェクト管理やディスカッションといったことを想定して作られています。グループでは、自社以外の人も登録することが出来るため、複数の企業や団体が関わってくるプロジェクトでも力を発揮できるでしょう。

イベント

忘年会などの社内イベントの告知や、飲み会や打ち上げなど小規模なイベントを開催するのにも適したイベントという機能があります。情報を回覧する、参加不参加といった出欠も確認できるような機能です。

Work Chat

WorkChatはWorkplace by Facebookに備え付けられているチャット機能です。もしかしたら、社内システムでチャット機能を利用しているかもしれませんが、Workplace by Facebookならばそれも必要なくなります。メッセンジャーのように特定のユーザーのみが見られるような1対1のメッセージも送れるため非常に便利です。

チャットボット

有料プランに備わっている仕組みです。会話形式の質問に答えていくだけで自動的にアラートが設定できます。タスク管理の際の漏れや重なりを防ぐのに適しています。

通話機能

通話機能が備わっています。ライブ通話となるため、ネット会議やセミナーの実況中継などにも活用できるでしょう。うまくほかの機能と連動させることによって、簡単な研修などにも効果を発揮するかもしれません。

他社サービスとの連動性

Workplace by Facebookでは、OneDrive・Googleドライブとった他社アプリとも連携機能を持ち合わせています。特にGoogleドライブなどのストレージと連携させることによって、リアルタイムで、他人の業務を確認していくことも可能です。

Workplace by Facebookをうまく利用することで、より効率的な働き方を手に入れることが出来ます。機能もかなり充実しているため、工夫次第で、いくらでも発展性があるといえるのではないでしょうか。ぜひ、Workplace by Facebookを導入して、より快適な仕事環境を整えていきましょう。

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP