• AI

住まいだって人工知能が生み出す時代。CADの舵をとるのはAI


VRなどが建築や不動産業界で活用が相次いでいることを受けて、テクノロジーをうまく組み込むことで格段に作業プロセスや、顧客とのコミュニケーションが飛躍しはじめています。そして、すでにそうしたテクノロジーの中には、AI(人工知能)の発展も含まれていることを忘れてはいけません。AIの勢いはいまどの分野や業種でも、多くの場合人間そのもののパフォーマンスと比較されることがありますが、使い方や取り入れ方の選択肢を持つことができるのは私たち人間です。そこで今回は、住まいにテーマをあてたAIの能力に注目していきたいと思います。

 

 

AIが住まいを生み出すことのメリット・デメリット

 

AIが住まいを生み出すと聞くとやや違和感を覚える方も多いかと思いますが、ここでいう生み出すは=設計・デザインなど住まいの基盤と成るベースを生み出す作業のことにスポットを当てています。そしてそのAIを作業プロセスに組みこむ際には、メリット・デメリットがあることをしっかり把握しておく必要があります。

 

メリット:膨大なデータで顧客に見合った緻密な設計が可能

顧客とデータを徹底的に比較し、行動範囲から家の動線を把握し無駄の少ない建築設計が可能になります。顧客の細かい要望を反映させた理想に近い空間を追求することができます。また、このデータが増えることで顧客のパターンを分析し、感覚や感情でプロセスを進めていた部分がより具体的に把握することも可能になります。データから顧客の求めているものとそうでないものがはっきりと数値化されるのです。

その具体的なAIを採用した建築プロセスの例は、新国立競技場です。建設にあたって、「ARCHICAD」「Revit」などが挙げられるBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトを導入していることで知られています。

 

デメリット:今までの作業プロセスとは異なりすぎる

実際にAIと共に作業を行う現場のスタッフや設計者は、まだこうしたAIの導入には懐疑的な意見が多いという点です。全てのプロセスをAIに任せられるほどAIの信頼度がまだ高いという保証もなく、導入の動きも明確な利点がないかぎり採用されていないデメリットもあります。AIを活用するある側面に対して、人間の思考プロセスにより時間を費やすことが一番理想的なバランスとも言えるかもしれません。

 

 

注目を集めるAI×CADのソフトとは

 

すでに、AIの能力を駆使したCADの種類も様々ものが登場し導入に進むケースの多く代表的なツールをご紹介いたします。

 

ARCHICAD(アーキキャド)

ハンガリーのグラフィック社が手がけていることで知られる、Windowsの建築用ソフトのアーキキャド。先ほどの新国立競技場の作業プロセスでも活用されたことで知られるこのツールは、ビジュアルでの作業に力を入れている機能にも注目が集まります。2次元と3次元での両方で必要に応じて作業を進めることのできるソフトになっています。

 

 

KIZUNA(さくらん)

4ヶ国語に対応したこちらのツールは、住宅や不動産などあらゆるカテゴリーでの活用が可能に成るAIシステムです。建築での活用は、現場でのルーティーンワークを把握し、現場での作業者の育成を行うことが可能になります。また、顧客のやりとりから見積もり作成までAIが管理・作業行うことができます。人手不足を解消し、必要な作業を少ない人数で行うという側面においてAIが作業をバックアップしてくれるようなシステムになっています。

 

AIとCADの関係は今後も進化を遂げながら、作業者や空間や物件に住まう顧客の確かなサポートとなるとっても重要な機能です。AIに全てが任せきりになるということではなく、人間の思考をより別の作業に移すことが可能になることを考えれば、CADの機能が上がることは利点になることが多いのです。バランスを失うことなく、今後もAIとCADの関係はお互いの技術が組み合わさる機能ツールとして注目です。


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP