6.5インチのタッチパネル写真1枚でiPhone Xの噂が続々登場


ネットに公開された1枚の写真が世界中の話題になりました。男性の手が透明なパネルを持っている単なるアップ写真ですが、これが2018年の秋に発売されると言われているAppleの「iPhone Xのタッチパネルではないか」とネットで議論されました。次世代iPhoneで巻き返しを計るAppleの新製品は販売前から話題を呼んでいます。

 

 

サイズ感でも話題に

 

タッチパネルが映った写真は中国語圏のウェブサイトに投稿されました。写真では何のタッチパネルかは明らかにしていませんが、ネット民の議論は止まりません。
・人の手の大きさから類推して縦に6.5インチありそうだ
・iPhone Xにしては大きい
・秋に登場する有機EL画面のiPhone X Plusのタッチパネルでは
・パネル下部に写ってるケーブルはタッチを検知するパネルのはず
・ケーブルに刻印されている部品番号はAppleの製品番号と酷似
などなど。
写真を公開した人物は、ベトナムのLGの工場で働いているらしく、製造装置を試運転している時にできた、と主張しているようです。写真はもう1枚公開され、タッチパネル部品とディスプレイが合わさった4セットが並んでいます。この写真からもiPhone X Plusではないか、との想像が膨らんでいます。
現在、写真は2枚とも削除されました。

 

LGの工場での写真で憶測はさらに深まる

 

現在、SamsungがiPhone Xの有機ELディスプレイ製造を占有しています。ところが、一部報道では2018年秋に発売されるiPhone X Plusの6.5インチの有機ディスプレイはLGからも供給されると報道されました。
有機ELディスプレイの安定供給、コスト減を確保するために、AppleはLGの有機ELディスプレイ製造工場に大きな投資をした、とも伝えられています。そこで、LGのベトナム工場で製造されたパネル写真はiPhone用ではないか、にわかに真実味が増しています。

 

 

2018年のApple新製品に注目

 

2018年中に発表されると見込まれている新製品は3機種です。iPhone Xの第2世代となる5.8インチ有機EL搭載モデル、6.5インチ有機EL搭載のiPhone X Plus、6.1インチ液晶ディスプレイのiPhone SE2です。
2017年に発売されたiPhone Xの売り上げはAppleの予測を大きく裏切りました。販売価格が日本円で10万円以上、米国でも1000ドルと高価な点が受け入れられなかったと見られ、その市場を埋めると期待されるのがiPhone SE2です。以前のiPhone SEより画面サイズが大きくなっても高価な有機ELは選択せず、液晶ディスプレイを採用することで価格を抑えました。販売価格は700ドル前後と見られ、iPhone SE2はiPhone 8やiPhone 8 Plusからの乗り替わりとして2018年のヒット機種と見られています。
iPhone Xはすでに減産しており、2018年第1四半期の製造台数は半分となっています。しかし、iPhone Xが今年期待される市場がありました。

 

中国ではiPhone X が人気

 

Appleが発表した2018年度第1四半期(2017年末までの四半期)のiPhoneの売り上げは前年同期から約100万台少ない7730万台に留まりました。ただし、iPhone Xの昨年第4四半期の販売台数は700万台を超え、中国市場で最も売れた機種となっており、昨年11月における中国でのiPhone Xのシェアは6%に達していました。
その理由として、中国でのAppleのブランド神話は未だに高く、HuaweiやXiaomiの中国メーカーからiPhone Xに乗り換えるユーザーが大きいとの報告がありました。さらに、Appleの商品展開として、iPhone 7が中国で不人気だったため、iPhone 6など以前の機種からiPhone Xへ乗り換えるユーザーが多かった、との現象もあったようです。

 

中国がターゲットの新型iPhone X

 

今年に販売されるiPhone SE2以外の2機種のターゲットは中国と見られています。特にiPhone X Plusが中国の富裕層を中心に人気になると期待されています。これまでのiPhoneでは最大となる6.5インチの大型ディスプレイを搭載するのが決め手となりそうです。
そう分析するアナリストは、2017年の第4四半期に中国で販売されたスマホで6インチ以上のディスプレイを持った機種が26%だったことを理由としています。同様の機種はアメリカでは10.7%しかなく、中国では大型ディスプレイが好まれています。
あるアナリストは、多くの中国人はPCを持たず、インターネットにアクセスするのはスマホになるため、ゲームや動画の再生など様々なニーズにこたえるためにも大画面を好む傾向がある、と指摘しています。
Appleにとって2018年は中国がますます重要な位置となりそうです。

2018年、Appleの戦略は市場別の新機種の投入にありそうです。中国の大市場にはiPhone X Plus、欧米にはiPhone SE2。こうした報道が、中国のウェブサイトにアップされたタッチパネルの写真1枚から始まりました。近年、iPhoneは販売不振だったとはいえ、いまだにAppleブランドの注目度の高さがうかがえます。

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP