Apple watchシリーズに最新版の3が登場!徹底機種比較


Apple watchは今メチャクチャ売れている!?

 

Apple watchは2015年にその初代となるApple Watch Series 1が発売され、その後2017年秋には最新版となるApple Watch Series 3が発売されています。
最新モデルのApple Watch Series 3は、2018年の第1四半期におけるセルラー対応スマートウォッチ市場のシェア6割を獲得。実に全世界で380万本が売れています。

 

 

Apple Watch Series 3が爆発的に売れているワケ

 

人気の秘密はApple Watch Series 3それ自体がLTE対応した製品である点です。LTEは通信規格の一つでLong Term Evolutionとその名の通り、3G通信の進化版と言ったところで高速通信を実現するわけですが、時計自体に通信機能を持たせた結果、iPhoneがなくても起動できるようになったんですね。極端に言うと、iPhone忘れても家に取りに行く必要なく、Apple Watchでたいがいできてしまうと。
Apple Watch Series 1と2までは、iPhoneとの関係は子と親だったわけですが、Apple Watch Series 3になり始めて親から晴れて独立という形となりました。

 

 

Apple Watchの武器はソフトウェアの充実

 

Apple WatchにもiPhoneアプリとして公開されているアプリを入れることができますが、iPhoneなしでも通信機能が利用できるSeries 3では、その使い勝手が大幅にアップします。Apple Payなどの決済機能を利用できるようにしておけば、サイフやスマホを持たなくてもらくらく外出できます。ヘルスケアやトレーニング時のパートナーとしても、これまで以上に使い勝手が良くなっています。
加えてニュースをもう一つ。2018年6月4日に行われた世界開発者会議(WWDC 18)で、Apple社はApple Watchの次期OSとなるwatchOS 5を発表しました。
新しいバージョンのOSでは、Apple Watch同士のトランシーバー機能「Walkie-Talkie」、ワークアウトの自動検出機能や、アクティビティにおける新機能、PodcastやWebコンテンツへの対応などが発表されました。正式版は2018年秋にリリースが予定されています。
このOSのリリースと同時にApple Watchの新型の発売が予想されており、より進化したApple Watchの登場に期待が持てますね。

 

 

Apple Watch Series 3腕時計としての出来栄えは?

 

Apple Watch Series 3が支持を集めているのはソフト面だけではありません。時計自体つまりハードウェアの面でも出色の出来栄えであると時計メーカーの人々にも評価されています。
たとえばケース。これはスイス製の高級腕時計と同じ製法が取られており、ステンレスやアルミの板からオートメーション加工を実施、それを磨いてケースにするというもの。造り方は高級腕時計のそれと同じであるにも関わらず、その加工精度が高く、メーカーの人々も舌を巻くほどであるとされています。
加えてケース表面の完成度も同様で、50万円の腕時計と同じクオリティというからオドロキです。
他にもアタッチメントに施された工夫や、革製のストラップ、革自体の加工など、製品の完成度は高級腕時計とほとんど変わらないと、プロの目から見た評価がされています。

LTEにいち早く対応し、かつAppleが組み上げる商品ポテンシャルと完成度を発揮したスマートウォッチがApple Watch Series 3と考えてよいでしょう。

Apple Watch Series 3の概要
実勢価格は6万9984円~
ステンレススチール製

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP