1. TOP
  2. 事業内容
  3. Unity Reflect

AR/VR開発

Unity Reflect

サービス

Service

01

Unity Reflect - Revit


BIM データを簡単にデバイスに転送して、
ARやVRなど、3D 体験に
変換できます。

Service

02

マルチプラットフォーム対応

 

PC(Windows)だけでなく、

Mac OS、iOS、 Android、AR/VR

などにも対応しています。

 

活用方法

Female medical professional using a virtual reality headset in a clinic to explore a medical case for educational purposes.

AR/VRで意思決定をスピーディーに

設計者がクライアントの要望を聞き、BIMの設計データに変更を加えると、変更は即座に反映され、クライアントは変更結果を、VRゴーグルを通して体験できます。クライアントと設計者の意思疎通を行いやすくなり、より期待通りの建物を提供できるようになります。

Blueprints with a 3D render of a beautiful two story house on top - architecture concepts

デジタルツインで生産性向上

「太陽光シミュレーション」機能を活用することで、現実の入射光を再現することが可能です。他にも、現実世界で本来シミュレーションすることを、Viewerを通して仮想空間の中で行うことが可能です。

Beautiful Male Computer Engineer and Scientists Create Neural Network at His Workstation. Office is Full of Displays Showing 3D Representations of Neural Networks.

施設管理(Facility Manager)との連携

FMと連携させることで、部材の利用場所の管理だけでなく、「コストの最小化」「施策効果の最大化」「経営環境への柔軟性の向上」など企業経営の質を高めることが可能になり、お客様のDX化を更に加速させます。

CAPAが選ばれる理由

consulting03

Point 01

BIM、CIMに精通
 

大手ゼネコンや建具メーカーとの取引実績も豊富。

BIMやCIMデータを流用した

高精度なAR・VRアプリを提供できます。

Point 02

Unityを用いた
産業用アプリの開発が豊富

Unityが主にゲーム開発キットだったころより、

建設や製造業向けの産業アプリケーションを

構築してきました。

Point 03

Unity Reflectの日本語化を支援
ダッシュボードの改良

Unityのカスタマイズベンダーにとどまらず、

Unity Japanと共同で

Unity Reflectの国内への普及につとめます。

    PAGE TOP