Autodesk Forge

Autodesk Forgeとは

What is Autodesk Forge

クラウドで図面を利用する


Autodesk Forgeは、CADデータをクラウドサービスで利用するためのプラットフォームです。 他のWebサービス APIとマッシュアップすることで、さまざまなソリューションを生み出すことができます。

Forge_Description

主なForge API

Viewer

Viewer

Viewer

さまざまなフォーマットのCADデータをWebブラウザで表示します。Viewer(ビューワ)はカスタマイズすることができ、施工状況の表示やIoT機器との連携など、独自に機能を追加することが可能です。

Model Derivative API

Model Derivative API

Model Derivative API

クラウド上でCADデータを他のフォーマットのファイルに変換します。 60種類を超えるフォーマットに対応しています。

Data Management API

Data Management API

Data Management API

A360、Fusion 360、BIM 360などのクラウドストレージのデータを管理します。 たとえば、A360にアップロードしたファイルを他のForge APIで利用することができます。

Design Automation API

Design Automation API

Design Automation API

AutoCADやInventor、Revit、3dsMaxのコマンドをクラウド上で実行します。 PDF変換やデータ抽出などの繰り返し業務の自動化や、Webコンフィギュレータアプリなどが実現できます。

Reality Capture API

Reality Capture API

Reality Capture API

対象物を異なる角度で撮影した複数の写真から、高解像度の3Dメッシュ、点群、オルソ画像などのデータを作成します。 ドローンで空撮した地形の写真から3Dデータを作ることができます。

BIM 360 API

Reality BIM 360 API

BIM 360 API

BIM 360で提供されている各種機能を操作します。 工場や建設現場からタブレット端末などを用いて、BIMデータにアクセスすることができます。

Autodesk Forge活用事例

Autodesk Forge Case Study

作業現場でCADデータを共有


工場や建設現場などのパソコンを利用できない環境でも、タブレット端末でCADデータを確認することができます。
その場で図面にコメントで残すこともできるため、情報共有が促進化できます。

Forge_Share

Webコンフィギュレータアプリ


Webブラウザから製品の仕様を入力し、入力した情報を元にCADデータを生成することができます。
すぐにCADデータが手に入ることで、営業業務や、設計業務の効率化が図れます。

Forge_Web

リアルタイムで情報を確認


IoTセンサーで取得した情報を、ビューワに表示することができます。
リアルタイムな現場環境の情報を図面に反映して確認できます。

Forge_IoT

CONTACT

お問い合わせ

株式会社キャパでは、forgeの開発についてご相談を承っています。 作業効率化したいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか? などのお客様のご相談に、親身に応じます。
無料相談受付中です。お気軽にご相談下さい。

営業時間:月~金 9:30~18:00 
土日・祝 定休日
FAXでのお問い合わせは24時間受付中 
FAX:03-5297-2879

PAGE TOP