• AI

機械学習をスタートするならクラウドがオススメな理由


昨年あたりから機械学習が注目されています。たとえば、GoogleのAlphaGO(アルファ碁)が人間の棋士を打ち負かしたことがニュースになりました。

また、戦闘機のシミュレーターでAIが人間のパイロットをことごとく打ち負かした話などは、AIが人間に勝利したことに加え、AIの搭載されたコンピューターが5,000円ほどの安価なシングルボートコンピューターだったことも驚かれました。

AIと機械学習は同じ物?

これらの話題になったAIとは、ほとんどが機械学習をベースとしたものです。
機械学習によるAIとは、入力された膨大な過去の実績データなどを解析し、そこから規則性や判断基準を見つける事によって、未来を予測し、次の行動を決定するというロジックを使っています。

じつは、このような過去のデータの積み重ねによる未来予測は人間の学習にとても近い物であると言われており、それゆえにAI(人工知能)などと呼ばれることが一般的になったいます。しかし、実際はビックデータの利用したデータマイニングなどと重なる領域の多い物なのです。

データマイニングと機械学習が違うところは、前者が過去データの関連性を見つけるのが目的であるのに対して、後者である機械学習は未来を予測することが目的である点にあります。

機械学習にクラウド利用をオススメする理由

機械学習を行うためには、大量のデータを処理する必要があり、自前でコンピューターを準備する場合にはそれなりのスペックが必要です。最近では機械学習専用のソフトウェアとハードウェアスペックを持ったPCが販売されているくらいです。

また、大量データを扱うためにR言語やPythonと言った言語を習熟している必要がありました。

しかし、クラウドサービスを利用すれば、瞬間的に高いスペックのコンピューターを準備してデータ解析を行うこともできますし、自分でプログラムを書かなくてもGUIでデータ解析を行うことも可能なのです。

クラウド機械学習サービス比較

機械学習のクラウドサービスは、大手ではPrediction API(Google)、Amazon Machine Learning(AWS)、AzureML(Microsoft)が提供を行っています。どのベンダーもビッグデータを利用することを前提としていますが、ベンダーごとの考え方に特色がありますので,個別に紹介します。

シンプルな設計でエンジニア向けPrediction API Google

Prediction APIは。Googleが自社で使用している機械学習プラットフォームを一般に公開したことで、話題を呼びました。
Prediction APIは、「Google BigQuery」、「Google Cloud Storage」や、「Google Apps」のスプレッドシートのデータを利用することが可能です。

ただし、基本は開発者向けのAPIサービスですので、GUIがありません。その意味では、少し敷居が高いとも言えます。

AWSを利用していないと少し敷居の高い AmazonML Amazon

AmazonのAmazonMLは、AmazonS3やAmazonRDSといった自社サービスからのデータ連携が可能です。
これは、AWSのS3などにすでにビッグデータ蓄積しているユーザーにとってはとても使いやすいサービスとなっています。反面、AWSに不慣れなユーザーは、AWSの習熟から始めなければならない点はデメリットです。

機械学習については、非常に簡単にデータ分析を行う事ができますが、その分利用できるアルゴリズムが1種類であったり、R言語やPythonを使った自由な機械学習の設計ができない点では他社に一歩譲ります。

GUIで、簡単に機械学習設計が可能 AzureML Microsoft

MicrosoftのAzureMLは、自社サービスの「Blob」「テーブルストレージ」からだけでなく、「SQL Database」、「HadoopのHive」そのほか「OData」からのデータ連携に対応しています。

なんと言っても、AzureMLのメリットはGUIのMachine Learning Studioがとても素晴らしいのです。
AzureMLを使えばR言語やPythonに精通していなくてもデータの流れや処理を直感的に指定する事ができます。

また、APIとして利用することも可能でR言語やPythonにからの呼び出しにも対応しています。

その他にも、機械学習クラウドサービスは続々生まれています!

メジャーな機械学習のクラウドサービスをご紹介しましたが、紹介したもの以外にも多くのクラウドサービスがリリースされていますし、今後も増えていくことが予想されています。

プログラミングができない、高速なコンピューターの環境がなくてもこれらのクラウドサービスを利用すれば簡単に機械学習が可能です。
クラウドサービスを使って機械学習を始めてみてはいかがでしょうか。


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP