Apple MusicとiTunes Storeのちがいとは?サービス内容・料金などを解説!


Appleが提供する音楽配信サービスには「Apple Music」と「iTunes Store」の2種類があります。どちらもApple提供のサービスですが、実はその中身は全く異なります。今回は「Apple Music」と「iTunes Store」のちがいについて解説していきます。

この記事では以下の3つのことがわかります。
①Apple MusicとiTunes Storeのサービス内容のちがい
②Apple MusicとiTunes Storeの料金設定
③Apple Musicのお得な始め方

Apple Musicとは?

Apple Musicは毎月定額で5000万曲以上が聴き放題となるサブスクリプション型のストリーミングサービスです。
広告や機能制限はなく、毎月一定額を支払えばオンラインで好きなだけ音楽を聞くことが可能。また気に入った曲はダウンロードしてオフラインで再生することも可能です。ただしダウンロードした曲を解約後に聴くことはできません。

▽こちらもチェック

【体験レポ】「Apple music」と「Spotify」を徹底比較! 実際に使いやすいのはどちらか

iTunes Storeとは?

iTunes Storeは音楽を一曲単位、あるいはアルバム単位で購入・ダウンロードすることができるストアです。購入した曲はDRMフリーとなっており無制限のコピーが可能となっています。

▽こちらもチェック

iTunes終了は誤解?どうなるAppleの音楽配信

Apple MusicとiTunes Storeのちがい

定額聴き放題 vs 楽曲購入(買い切り)

Apple MusicとiTunes Storeはファイル形式など様々な点で異なりますが、とにかく一番押さえて置かなければならないのは前者が「定額聴き放題の音楽ストリーミングサービス」で後者は「楽曲データの購入・ダウンロードサービス」であるということです。

よりわかりやすく言えば、2つのサービスでは何に対してお金を払っているかが異なります。

Apple Musicでは5000万曲以上の曲をストリーミングで「聴く権利」に対して毎月お金を払います。

聴く権利に対してお金を払っているので、曲のデータそのものはユーザーの所有物にはなりません。楽曲をストリーミングではなく端末にダウンロードして再生することも可能ですが、ダウンロードした音楽ファイルの所有権がユーザーにあるわけではないのでApple Music解約後はダウンロード済み曲であっても再生不可となります。
Apple Musicは動画のNetflix、書籍のAmazonUnlimitedなどに代表されるサブスクリプション型(定額を支払うことで一定期間コンテンツが使い放題となる)のサービスの一種というわけです。

一方iTunes Storeは「楽曲あるいはアルバム単位の音楽データ」そのものをお金を払って購入するオンライン上のお店です。

購入・ダウンロードした音楽データはユーザーの所有物となるので基本的にずっと利用することができ、例えばiPhoneからAndroidに切り替えたとしても再度ダウンロードするなどして音楽を聴くことが可能です。
またiTunes Storeで購入した楽曲にはDRMとよばれるコピー制限がかかっていないので、ファイルのコピーも簡単に行なえます。一方、Apple Musicで配信される楽曲データはDRMでデータの複製が制限されており、基本的に自分の端末で楽しむ用途に限られます。

昔はCDショップでCDを購入していたのをデジタルの世界に置き換え、オンライン上のショップで音楽データを購入できるようにしたのがiTunes Storeと理解するとわかりやすいかもしれません。

利用できる曲数は?

Appleが公式に出している情報によれば、iTunes Storeで購入できる曲数が5000万曲以上、Apple Musicで聴き放題となる曲数はiTunes Store内の曲の内5000万曲以上、となっています。数字的にはどちらも5000万曲以上となっているものの、iTunes Storeで購入はできるがApple Musicでの聴き放題には含まれていない楽曲も一部存在するようです。

ちなみに音楽ストリーミングサービスの大手といえばSpotifyですが、Spotifyで聴ける楽曲数は公式発表で4000万曲以上。Apple Musicの方が楽曲数は多くなっています。
音楽ストリーミングサービスでは全体の曲数よりも自分が聞きたい曲の取り扱いがあるかどうかの方が重要ですが、Apple Musicがストリーミングサービスとして十分な楽曲数を用意しているということはうかがえます。

Apple Music、iTunes Storeの利用料金

まずiTunes Storeの利用料金に関して。
iTunes Storeを利用するにあたって楽曲(アルバム)の料金以外にお金はかかりません。1曲あたりの値段は150円、200円、250円のいずれかとなっています。
アルバム単位で購入することも可能で、一曲ごとに購入するよりも割安になっています。

またぜひ知っておいてもらいたいのが「コンプリート・マイ・アルバム」という機能。これは「購入済みの楽曲が含まれるアルバムを後から購入する場合、アルバム代金から購入済みの楽曲代金を値引いてくれる」という便利機能。

例えばあるアーティストの曲を250円で購入したとしましょう。曲が気に入ったので、すでに購入した曲が含まれている2500円のベストアルバムを購入したくなったとします。
普通なら新たにアルバム代2500円を払わなければならず、もともと購入していた曲に関しては二重に代金を払うことになります。
しかしコンプリート・マイ・アルバム機能を使うと2500円からすでに購入済みの曲の代金250円を引いた2250円でアルバムが購入できてしまうのです。
いきなりアルバムを購入するのがためらわれる場合でも、一曲から気軽にお試しすることができるので非常に便利ですよね。

次にApple Musicの利用料金を見てみましょう。
Apple Musicは定額聴き放題サービスなので、毎月定額を支払います。
プランは3種類あり、個人プランが月980円、家族6人まで利用できるファミリープランが月額1480円、学生限定の学生プランが月額480円となっています(価格はすべて税込)。料金を支払っている間は登録されている曲が聴き放題、また端末に曲をダウンロードしてオフライン再生もし放題となります。
学生ではない方で料金を抑えたい場合は、家族複数人でファミリープランの利用がお得です。

Apple Musicは3ヶ月の無料体験あり

サブスク型のサービスでは初回に限り無料体験ができるのが定番となっており、Apple Musicももちろん無料体験を用意しています。

しかも無料体験は1ヶ月限定のサービスが多い中、Apple Musicはなんと3ヶ月の無料体験が可能。聴きたい曲があるか不安、使い勝手を先に知りたい、というユーザーにも十分すぎるほどのお試し期間となっています。

なおApple MusicのライバルとなるSpotifyには広告・機能制限ありで期間無制限の無料プランが用意されていますが、Apple Musicは有料プランのみ(広告や機能制限は一切なし)。Appleとしては無料体験期間をたっぷり用意するから、その間にサブスクするか決めてねというスタンスなのでしょう。

音楽ストリーミングサービスに興味がある方はとりあえずApple Musicの無料体験を3ヶ月試してみるのがおすすめです。

まとめ

今回はAppleが提供する音楽サービス「Apple Music」と「iTunes Store」の違いについて解説しました。基本的には前者が定額聴き放題のストリーミングサービス、後者が買い切り型の音楽ファイル購入サービスだと理解しておけば間違いないでしょう。
各自のミュージックライフによって最適なサービスは異なりますが、この記事が検討の助けになれば幸いです。

▽関連記事はこちら

「Alexa(アレクサ)」と「Apple Music(アップルミュージック)」が連携可能に!設定方法も解説

▽Forge DevCon、弊社も出展します!ぜひご来場ください。

▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を毎日更新しています!
・Twitter

・Facebook
キャパFacebookページへ

 


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP