DWGとDXFって何?今更聞けないCADのファイル形式


こんにちは。
製造建設ソリューションサービス部の村上です。

突然ですが、皆さんは「DWG」や「DXF」といったファイル形式をご存知ですか?
CADに携わっていると良く聞くファイル形式であり、その違いをよく知らずに使っている人もいるのではないかと思います。
この二つはよく似た名前の形式ですが、よく調べてみるとこの二つには明確な違いがあります。
この違いを知らないと、色んな場面で他の人に迷惑を掛けてしまう可能性も出てくるかも…しれません。

ということで、今回はそんな2つのファイル形式について整理しておさらいすることで、理解を深めていきましょう!!

DWGとは?

まずDWGについておさらいしていきます。
DWGは「drawing」から取られて、DWGと名づけられました。

DWGとはAutoCAD標準のファイル形式であり、Autodesk社が策定しているファイル形式です。
そのため、AutoCADを用いてファイルを作成した場合には、こちらのファイル形式で作成されます。

しかし、AutoCAD標準のファイル形式なのに、CADに携わっていると良く聞くのはなぜでしょうか?
その答えは、DWG形式のCAD図面及びAutoCAD自体がCAD業界全体のデファクトスタンダードになっているからということに他ならないでしょう。

AutoCAD及びDWGが業界のデファクトスタンダードであるならば、全てのCADソフトがDWG形式に対応しているのが自然なように感じますが、DWGという形式の仕様は非公開であり、他のソフトウェアでは対応することが容易ではありません。
一応DWGに対応しているDWG互換CADも多数存在していますが、対応していないソフトもあります。
そのような状態でDWGが業界のデファクトスタンダードになっているとすると、持っているソフトでDWG形式の図面ファイルが開けなくて困るという業者さんが出てくることでしょう。

そこで出てくるのがDXFというファイル形式になります!!
では、今度はDXFとは何?というところを紐解いていこうと思います。

DXFとは?

DXFは「Drawing Exchange Format」を省略して、DXFと名づけられました。

DWGはAutodesk社が策定しているファイル形式なので、DXFは別の会社が策定しているファイル形式なのかな?と思っている方がいるかもしれませんが、DXFもAutodesk社が策定したファイル形式です。
Autodesk社って凄いですね。

DXFはAutodesk社がAutoCADの異なるバージョン間に互換性を持たせる為に策定したファイル形式であり、DWGと異なりその内部仕様が公開されているという特徴があります。
「DXF 本」などで検索すると関連書籍が出てくるので、興味のある方は見てみると面白いかもしれません。

DXFは内部仕様が公開されている為、多くのCADソフトでDXFは対応されており、こちらも業界のデファクトスタンダードとなっております。
つまり、AutoCAD又はDWG互換CADソフトではDWGを用いてデータを共有し、それ以外のCADソフトではDXFを用いてデータを共有するということが業界のデファクトスタンダードとなっているということです。

DXFの特徴としては、その名前からも分かるとおりデータの互換性を持つというところです。
先述しましたとおり、DXFはAutoCADの異なるバージョン間に互換性を持たせる為に策定されたという経緯がありますので、バージョンで対応していない内容がファイル内に記載されていたとしても、その箇所を読み飛ばすことでファイルの読み込みを可能となっているという特徴があります。
またもう一つの特徴として、DXF形式のファイルはテキスト形式である為、テキストエディタなどで開いて内容を確認することができるという特徴もあります。

DWGを開く為には

ここまででDWGとDXFのことについて説明したので、2つの違いはなんとなく分かったと思います。
ではDXFは問題ないとしても、DWG形式の図面ファイルを開く為にはどのようなソフトウェアを使えばいいのでしょうか?

先述したとおり、DWGはAutoCAD標準のファイル形式なので、基本的にはAutoCADを用いれば開くことが可能です。
また、DWG互換CADなどを用いることでも開くことが可能となります。
DWG形式の図面ファイルに対応している代表的なCADソフトは以下の通りです。

  • AutoCAD
  • BricsCAD
  • ArchiCAD
  • ZWCAD
  • Solid Works
  • DWG TrueView

DWG TrueViewはAutodesk社が提供している無償ソフトであり、DWGファイルの表示やバージョン変換が可能となっていますが、ファイル内容の編集などは行うことが出来ないので注意です。
しかし、単純にDWGファイルを表示したいだけの場合などにはとても便利なソフトウェアであり、無償ということも考えると入れておいて損はないソフトウェアです。

また、この中で私が使ったことがあるのがAutoCADとBricsCADなのですが、BricsCADはAutoCADのような操作感で扱える為、AutoCADユーザであればおそらく問題なく使えるものであると思います。
価格的にもAutoCADよりは安価ですので、とりあえず触ってみたい方などには良い物であると個人的には思います。
CADのカスタマイズという観点から見ましても、BricsCADはAutoCADと同じくObjectARXというAPIにてカスタマイズできるので、そういった意味でもとてもAutoCADライクなCADソフトであると言えます。

ちなみに、DWG形式の図面ファイルはAutoCAD又はDWG互換CADでしか開けない為、仕事などで取引先などにデータを送る場合には注意が必要です。
もし相手先がDWG互換CADを持っていなくてDWG形式の図面ファイルを開けない場合には、AutoCADを用いてDXF形式に保存しなおした後に送付しましょう。
また、AutoCADを持っていない人でも、DWG形式からDXF形式に変換する為の変換ソフトなどもあるので、そちらを用いれば変換して開けるようになるでしょう。

しかし、DWG形式からDXF形式に変換した場合には、ファイルサイズが大きくなってしまったり、エラーが発生するようになってしまったりすることもあるので、その点には注意が必要です。
変換後エラーが発生するようになった場合には、元図面内にエラーが残っている可能性がありますので、確認してみてください。

まとめ

今回はDWGとDXFについてまとめさせていただきましたが、如何でしたでしょうか?
意外と普段は何気なく使っているファイル形式ですが、詳しく調べてみると全然違うものであることが分かったと思います。

DWG形式とDXF形式、どちらが現在の状況に適しているかを考えて、使用するファイル形式を都度選択してきましょう!

株式会社キャパでは、CADの開発・改善についてご相談を承っています。
「作業効率化したいので、具体的な提案が欲しい。」
「頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい」
「予算内に収まるのか?」
などのお客様のご相談に、親身に応じます。

CAD開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP