YouTube広告の代名詞『True View』最新活用法事例


SNSの次にブームとなると言われているのが『動画』です。そのなかでも一番著名なプラットフォームといえば、『YouTube(ユーチューブ)』です。公式で発表されている情報によると、2017年には月間視聴者数は15億人に達し、その内の視聴者は1日のうち、1時間以上もYouTubeで動画を視聴すると言われています。世の中のYouTube視聴が増えれば増えるほど、人々の興味と主に動画で宣伝やプロモーションを行うことも必然的になります。

しかし、そのような動画プラットフォームが増えれば当然、そのプラットフォームには様々な年齢層の視聴者が存在し、そんな彼らに向けて広告を提供する方法ももちろん大切な考慮ポイントになります。そこで今回は、YouTube広告で開発された、『True View』をご紹介いたします。

 

 

True Viewの持つ便利性とその特徴

 

特徴その1:視聴数の多さ

 

True Viewとは、YouTube内で用いられる動画広告です。日本国内においても、YouTubeはダントツトップを誇る動画プラットフォーム、動画視聴者の97.8%はYouTubeで視聴すると言われています。True Viewでの広告戦力が支持される一つには、その視聴者数の多さにあります。動画と動画を行き来きをする視聴者は、当然True Viewを知らず知らずの内に視聴するきっかけを持ちやすいという点があります。

 

特徴その2:ターゲッティングの選定

 

また、YouTubeであげられるカテゴリーはニュースからエンターテイメント、音楽など目的を持った視聴者が多い為、ターゲティングを絞りやすいという点があります。また、動画のなかにはYouTubeを拠点に自身のチャンネルを持つ一般人クリエーターも沢山存在するため、クラスタやセグメントに合わせた動画提供が可能になります。

 

特徴その3:URLなどのリンクへの対応

 

そして、その動画広告にプラスしてURLのリンクなどを埋め込むことも可能なので広告を視聴するだけでなく、興味を持った視聴者が自らアクションを起こすも可能として非常に高いという点もあります。

 

 

True View広告の種類とその違いは?

 

カテゴリー①:インストリーム広告

 

True Viewには、現在大きく分けて3種類の動画広告形態があります。

その一つは、インストリーム広告と呼ばれるもので、動画再生前に組み込まれる動画広告になっています。視聴者はこの動画を5秒以上視聴すればスキップすることもでき、広告主はこの動画が30秒以上視聴されなければ利益を生むことができません。各動画カテゴリーに対応もできるタイプの広告になっています。

中には、スキップのできないインストリーム広告もあり、その広告は標準インストリーム広告と言われています。この広告はCPM指標に元ずいて販売されています。CPMとは、Cost Per Mille(コスト・パー・ミリ)のネット広告用語で、広告掲載回数1000回単位でインプレッションが発生する際における指標になっています。

 

カテゴリー②:インサーチ広告

 

続いてご紹介する広告は、インサーチ広告と呼ばれるものです。この広告の特徴は、動画検索時に一覧されるページの一番上に表示される広告。視聴者の検索結果に応じて、キーワードに当てはまる事柄・関心に合わせて広告を提供することが可能です。広告主はこの広告がクリックさせる際に利益を生みことが可能になります。

 

カテゴリー③:インディスプレイ広告

 

視聴者の過去の動画視聴ページと視聴している動画と相互性のある広告が動画再生時にデスクトップ上右側に表示される関連動画セクションに表示されます。関連のある動画と共通のある視聴者に表示される広告なので、クリック毎に広告主に利益が発生する広告になっています。

 

 

True View活用事例①:ペプシ

 

ペプシは、デジタルでのプロモーションに力を入れている企業の一つでもあります。なかでも、YouTubeでの動画広告もコンセプト・消費者の興味を引くコンテンツを提供していると定評もあります。True Viewを活用した広告の例として、一般人のふりをした現役アスリート選手が老人に扮して、試合に混じって試合に参加。そのプレーは最初あまりいい動きができない姿に会場もあまり盛り上がりに欠けた雰囲気に包まれています。しかし、後半ではダンクシュートなどあまりの切れ味の良い動きに会場のテンションも最高潮に達するという、ドッキリをうまく活用した広告になっています。

 

True View活用事例②:サントリ

 

また別の例では、日本の企業で知られるサントリーが行ったパンパー広告も大きな話題を呼んだ広告です。パンパー広告とは、6秒間表示される広告です。

サントリーの飲料で知られる『伊右衛門』は、シューティングゲームで標的を分解するという意味合いと、ドリンクのメッセージとして伝えたい“体の脂肪は分解しないと減りません”という分解をわかりやすく掛け合わせて伝えた実にシンプルかつ、一瞬視聴者をドキッとさせるキャッチーさも持ち合わせた広告がこのパンパー広告に詰まっています。

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP