IaaS/PaaS/SaaS/DaaS、そしてXaaSの時代へ


「アズ・ア・サービス」という言葉は、IT業界ではよく聞く用語です。クラウド上で展開する、さまざまなサービスを指しています。

時代を遡れば、クラウドという概念が生まれる前から「ホスティング」と呼ばれるサービスがありました。システム管理者に代行して、社外でサーバの保守と管理を請け負う事業です。

ところが、インターネットが高速化し、仮想化技術の登場によって、クラウドコンピューティングは瞬く間に拡大しました。サーバの管理代行以外に「どの部分のサービスを提供するか」という観点から「IaaS」「PaaS」「SaaS」「DaaS」などの用語が生まれました。

あらためてIaaS/PaaS/SaaS/DaaSとは

よく使われる4つの「アズ・ア・サービス」を簡単に説明します。

IaaS(Infrastructure as a Service)

サーバなどインフラストラクチャーを従量課金制で利用でき、短期間でサーバを立ち上げられること、利用者の増減に合わせてシステム構成を簡単に変更できることをメリットとして打ち出したサービスです。

PaaS(Platform as a Service)

開発環境や実行環境、つまりプラットフォームを提供します。開発者は定められたシステム環境の中で、PaaSにあらかじめ用意されたPythonやJavaなどの言語を利用してスピーディに開発できます。開発環境を構築する手間が省ける一方で、自由度は限定されます。

SaaS(Software as a Service)

クラウド上でWebメール、グループウェア、オフィスで使われる表計算やワープロ、画像や動画の編集など、ソフトウェアを提供するサービスです。クライアントPCにソフトウェアをインストールしなくても、オンライン上で利用できるようになりました。

DaaS(Desktop as a Service)

デスクトップ仮想化システムとして、ソフトウェアはもちろんデスクトップ環境自体をクラウドで実現する仕組みです。

現在クラウドで提供できる主なサービス

クラウドで提供しているサービスを整理します。

インフラストラクチャー

サーバのメモリやCPUとコア数、ストレージの容量を自由に設定できます。ファイヤーウォールやロードバランサーなどのネットワーク基盤も提供します。物理的なハードウェアに加えて仮想化の技術により、柔軟にスケールアップやスケールアウトができることが特長です。

セキュリティ

ウィルスやサイバー攻撃からサーバを守ることは、システム管理者にとって煩雑な作業です。この作業を低減し、外部からの脅威の監視やサーバの保護を一元管理できます。

バックアップ

災害時やテロ、不正侵入などの状況に備えて、複数拠点で自動的にデータをバックアップします。非常時の後には迅速に復旧し、BCP(事業継続計画)を実現します。

プラットフォーム

OS、ミドルウェア、データベース、言語など、アプリケーションの開発環境と実行環境を提供します。

アプリケーション、ソフトウェア

Webメールやグループウェアのような業務用ソフトウェアやCRM、ECの機能など、アプリケーションやソフトウェアを一般ユーザーにも利用できるようにします。ソフトウェアの場合、クラウド側でアップデートに対応します。

現在、社外にあるクラウドを「パブリッククラウド」、オンプレミスで構築するクラウドを「プライベートクラウド」と呼び、仮想化環境と物理サーバによる多様な組み合わせの「ハイブリッドクラウド」が主流です。

働き方改革で注目されるVDI

クラウドの重要性の高まりは、社会環境の影響もあります。政府は「働き方改革」を進めています。プレミアムフライデーや残業時間を減らす長時間労働の是正といった側面が強調されていますが、「在宅勤務(テレワーク)」のような、オフィスにとらわれない多様な働き方も模索しています。

在宅勤務の実施にあたっては、クラウドの活用は欠かせません。そのひとつが「VDI(Virtual Desktop Infrastructure:デスクトップ仮想化)」の技術です。古くからあった技術ですが、サーバとネットワークの環境が著しく進化し、コストが大幅に低減したため、現在急速に普及および浸透しています。

VDIはクラウドの仮想環境上に仮想デスクトップを構築し、会議室や自宅など場所を選ばず、PCはもちろんタブレットなどあらゆる端末で、同じデスクトップが使えます。端末にデータが残らないため、セキュリティ面にも強みがあります。

 

クラウドのサービスはXaaSへ

クラウドが主流になるにしたがって、もはやIaaS/SaaS/PaaS/DaaSの範囲を超え、インターネットを通じてあらゆる資源を提供する「XaaS(X as a Service:ザース)」という言葉が生まれました。

包括的なサービスを提供するXaaSが登場する一方で、ストレージに特化したSTaaS、バックアップに特化したBaaSなど、各企業が専門領域のサービスを提供するように細分化していく可能性もあります。

IoTや人工知能によって、新たな「アズ・ア・サービス」が生まれるかもしれません。

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP