1. TOP
  2. ブログ
  3. CM方式(コンストラクション・マネジメント)を解説|メリットやBIMとの親和性

CM方式(コンストラクション・マネジメント)を解説|メリットやBIMとの親和性

CM方式とは

CM(コンストラクション・マネジメント)方式とは「発注者がコンストラクションマネージャーを設置して、工事発注における体制を補う手法」のことを指します。

https://www.mlit.go.jp/common/000042567.pdf

「従来の工事発注方式」は、発注者が直接建設会社をマネジメントする形となります。しかし事業量が多く捌ききれない場合や技術的難易度が高い場合、発注者が直接管理するのが難しくなってしまいます。

また従来の入札契約制度では、発注者の体制不足が施工業者に転嫁されてしまうケースも多いです。

https://www.mlit.go.jp/common/000042567.pdf

一方で、従来の発注方式のデメリットを解消できるのが「CM方式」です。発注者の補助者である「コンストラクション・マネージャー」が、設計・発注・施工の各段階で管理を行ってくれるため、発注者の技量不足が解消できます。

CM方式のメリット

CM方式を導入する主なメリットは、以下の通りです。

発注者の技術者不足を補える

大規模プロジェクトや経験不足の工事など、発注者が「どうやって業務を進めていいか分からない」という場合にCM方式は有効です。外部のコンストラクション・マネージャーに入ってもらうことで、適切な工程管理や品質管理が可能になります。

とくに近年職員数削減が行われている地方自治体では、技術職員の不足が課題になっていることも多いです。災害復旧工事などイレギュラーが起こった場合にも、CM方式であればスムーズに工事が進められるというメリットがあります。

発注プロセスの明確化によるコスト削減

CM方式では、コンストラクション・マネージャーが各施工者からの見積もりチェックを行います。そのため市場価格より高すぎる場合は選定を避けるなど、適切なコスト管理ができるのがメリットです。

工事の透明性が上がる

また元請一括発注では分からないコスト構成が明確になるため、発注プロセスが透明化できます。特に公共工事においてはアカウンタビリティー(説明性)が向上することで、全体の利益にも繋がるでしょう。

CM方式のデメリット

一方で、CM方式のデメリットとしては下記が挙げられます。

  • 費用が掛かる
  • コンストラクション・マネージャーの技量に左右される

CM方式での発注は、コンストラクション・マネージャーが各方面で調整を行ってくれます。そのため発注者は楽になりますが、費用が掛かるのはデメリットでしょう。予算は設計費や工事費とは別に確保する必要があるため、早い段階で建設計画に組み込んでおかなければなりません。

またCM方式が成功するかどうかは、コンストラクション・マネージャーの技量に掛かっています。発注者の利益に立って最適なマネジメントを行うためには、高い技量や経験値が求められます。発注者は、業者選定を慎重に行う必要があるでしょう。

CM方式の種類

CM方式には、大きく2つの種類があります。ここでは、「ピュア型」と「アットリスク型」の特徴や違いについてご紹介していきます。

続きは、Build App Newsにて公開していますので、是非ご覧ください。


▼著者紹介▼

BuildApp News

BuildApp Newsは、建設プレイヤーの皆様に今日と少し先の未来に役立つニュースをお届けします。
皆様のお役に立てると思われる建設のDX化(建設DX)やデジタルデータの活用方法や業界のトレンド情報、他社事例等をBuildApp News 編集部が独自の視点でピックアップし定期的に配信をしております。
オリジナル記事も多数掲載しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

建築・土木業向け BIM/CIMの導入方法から活用までがトータルで理解できる ホワイトペーパー配布中!

❶BIM/CIMの概要と重要性
❷BIM/CIM導入までの流れ
❸BIM/CIM導入でよくある失敗と課題
❹BIM活用を進めるためのポイント
についてまとめたホワイトペーパーを配布中


▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を随時更新しています!

    ホワイトペーパーフォームバナー

    【DL可能な資料タイトル】

    • ・プログラムによる建築/土木設計のQCD(品質/コスト/期間)向上
    • ・BIM/CIMの導入から活用までの手引書
    • ・大手ゼネコンBIM活用事例と建設業界のDXについて
    • ・デジタルツイン白書
    • ・建設業/製造業におけるデジタルツインの実現性と施設管理への応用

    詳細はこちら>>>

    PAGE TOP