黄金比だけでなく白銀比の書き方を知ってデザインに活かそう


黄金比と白銀比

デザインをやっている人、そうでない人も一度は「黄金比」という言葉を聞いたことがあるかと思います。
縦と横の比率が1:1.618のものが黄金比と呼ばれ、「黄金長方形」「黄金螺旋」なんて言葉もよく美術の教科書などに出てきます。ひまわりの種、オウム貝、かたつむりの殻などが例に上がります。
しかし、日本では実は昔から黄金比よりも「白銀比」というものがとても馴染み深く使われてきました。
例えば、平安京の碁盤の目状の都市や、法隆寺など、これらは「大和比」とも言われています。

黄金比 1:1.618≒5:8
(ピラミッド、凱旋門、パルテノン神殿、モナ・リザ、など)
白銀比 1:1.414≒1:√2
(A判用紙、風呂敷、法隆寺、見返り美人図 など)

白銀比で構成された長方形は、長辺で2等分すると、元の白銀比の長方形と相似になります。
A1~B3すべて「横1:縦√2」の比率なので、「A3」を「B4」に縮小コピーしてもきちんと収まるのです。実に良くできています!
さらにいうと、日本における白銀比は美しさを表現する基準ではなく、日本人特有の物を大切にする「もったいない」という感覚と合理性に基づいているのです。
白銀比は建造物に正方形を用いる木造建築から始まったと言われています。
丸太を伐採し、断面が正方形の角材を切り出すのは、無駄を出さないことが理由です。円に内接する長方形の面積を最大にする形が正方形である、と言うことだと思います。
風呂敷や畳、法隆寺が正方形を基本とする理由も、その最適性と汎用性にあります。
日本では自然の中に合理的な数として白銀比や正方形を見いだし、それを文化の中に取り入れてきました。こんな素敵な「白銀比」をデザイン・レイアウトに使わない手はありません。

白銀比の書き方

 まず正方形を描き、左下角の点を中心にして円弧を描く。

 

 正方形の底辺を右方向に延長させていくと円弧の線とぶつかる。
※正方形の底辺と延長した線の長さが白銀比の関係

 

 この長方形を「三分割法」で9つに分割すると、それぞれが白銀比の長方形になります。

 

実際に見てもわかるとおり、白銀比のバランスは構図に気持ちよいリズム感を与えてくれます。人気のキャラクター、ドラえもんやキティちゃんも白銀比にあてはまります。
私達は知らず知らずのうちに、この比率を親しみやすく、心地よい、美しいものと認識し、また、逆にちぐはぐなものを気持ち悪い、不快であると感じるようになっていたのです。
美しいもののまず一番の基本はデザイン要素が原則に従って『揃って』いること。デザイン要素の位置、大きさが原則に従って統一されていることである。デザインには法則があるといいます。
「黄金比」のみにとどまらず、日本人にあった「白銀比」もデザインのレイアウトに取り入れてみてはいかがでしょうか?

さいごに

webサイトのコンテンツ、メニューやバナー、カラムなどの分割数、サイズなどに「白銀比」を取り入れることで、スッキリ見やすくなり、リズムと動線が生まれ、実際にコンバージョン率が上がった例もあるそうです。
やみくもにデザインをするよりも、レイアウトの土台をしっかり計算するところからはじめてみることが意外と近道につながるのかもしれません。
今までなんとなくデザインしてきた方、今後の仕事に活かしてみてはいかがでしょうか?あなたのデザインがまた一味も二味も違ってみえるはず!

 

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。
アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP