Wi−Fiアシスト機能って何?オン・オフの切り替え方は??


iOS 9からの新機能として「Wi-Fiアシスト」という機能が追加されています。あまり大々的にはアナウンスされなかった機能なので、これがどんな機能なのか知らないひと、あるいは存在自体に気づいていないひともいるのではないでしょうか。

そこで今回はiOSのWi-Fiアシスト機能について説明します。

Wi-Fiアシストとは

iOS 9の「Wi-Fiアシスト」機能は、Wi-Fiの接続状態が悪い場合、自動的にモバイルデータ通信に切り替えてくれる機能です。

この機能の背景を説明します。

通常、iOS端末がWi-Fiに接続されている場合、携帯電話キャリアのモバイルデータ通信よりもWi-Fi通信が優先して使用されます。モバイルデータ通信よりもWi-Fi通信の方が速度が早く、安定しており、バッテリー消費も少ないことが多いので、この仕様自体は納得できるものです。

ところが、Wi-Fi通信の接続状態が悪い場合(アクセスポイントの不調、電波範囲ギリギリで接続が不安定等)、それでもiOSはWi-Fi通信を強行し、いつまでたってもデータのやり取りが完了しないという状況になってしまうことがありました。あまりメンテナンスされていないような公衆Wi-Fiの電波を拾ってしまう場所では、そういう状況になってしまいがちでした。

そんなとき、iOS 8以前はユーザーが能動的にWi-Fiをオフにしなければなりませんでした。

iOS 9のWi-Fiアシスト機能は、Wi-Fiの接続状態が悪い場合に、自動的にモバイルデータ通信に切り替えてくれる機能なのです。この機能により、ユーザーは能動的にWi-Fiの有効/無効を切り替える必要がなく、シームレスにデータ通信を継続できるようになりました。

Wi-Fiアシストのデメリット

そんな便利なWi-Fiアシスト機能ですが、その一方で、不意にモバイルデータ通信の通信量が増えてしまうデメリットも存在します。

近年では、3大キャリアでの契約でも月間通信量が定められており、それを超過すると通信速度が抑制されてしまうことがあります。MVNO(格安SIM)での契約もほぼ同様に月間通信量が定められており、契約先のMVNOによっては、従量課金的な契約内容(データ通信すればしたただけ料金が増える)になっており、意図せず料金がかさんでしまう場合があります。

Wi-Fiアシスト機能を使用する際には、上述のような不意なモバイルデータ通信量の増大に注意してください。

Wi-Fiアシストを切り替える

Wi-Fiアシスト機能の有効/無効を切り替えるには、次の手順にしたがって操作してください。

  1. 「設定」アプリをタップします。

ios-wi-fi-assist01

  1. 「モバイルデータ通信」をタップします。

ios-wi-fi-assist02

  1. 画面を下の方までスクロールします。

  2. 「Wi-Fiアシスト」のスイッチを操作します。

ios-wi-fi-assist03

手順4の「Wi-Fiアシスト」の項目には、Wi-Fiアシスト機能によって行われたモバイルデータ通信量を確認できます。Wi-Fiアシスト機能を用いる場合は、キャリアとの契約内容や当月のデータ通信量を確認しておかないと、予期せぬ通信速度の抑制や追加請求が行われる可能性があります。

おわりに

いかがでしたか? 今回はiOS 9から追加された新機能「Wi-Fiアシスト」について説明しました。

Wi-Fiアシスト機能は、それ自体はスムーズにデータ通信を行えるという点で便利な機能です。しかしながら、不意にモバイルデータ通信の通信量が増えてしまうというデメリットも存在します。Wi-Fiアシスト機能を使用する際は、キャリアとの契約内容や現在の通信量を確認して、注意して使用しなければなりません。


関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP