IaaS/SaaS/PaaS/DaaS、それぞれのちがいを詳しく説明。


クラウド市場の拡大によって「クラウドネイティブ」というキーワードが使われるようになりました。オンプレミス(社内に設置して運用するサーバー)ではなく、クラウド上の運用を前提にアプリケーションを開発することが現在のトレンドです。

企業のクラウドには、大きく分けると外部のクラウドサービスを利用する「パブリッククラウド」と、社内のホスティングやオンプレミスのサーバーを利用して構築する「プライベートクラウド」があります。

しかし、運用ポリシーや社内システムとの連携などの理由から、すべてパブリックプラウド上で運用することは現実的ではありません。したがって、多くの企業ではパブリッククラウドとプライベートクラウドを連携する「ハイブリッドクラウド」を構築しています。

パブリッククラウドの用語でよく使われるものに、IaaS、SaaS、PaaSがあります。さらに最近では、DaaSも使われるようになりました。それぞれに共通する2つの小文字の「a」と「S」はいずれも「as a Service」です。「サービスとしての」という意味になります。

開発者としては当然理解しておくべき用語ですが、お客様に質問されて「うっ!」と詰まってしまう場面があるのではないでしょうか。「どう違う?」と質問されて答えに窮してしまうかもしれません。

そこで、それぞれの機能と違いを整理してみましょう。

xaas

IaaSはインフラの提供

IaaSは「Infrastructure as a Service」の略で「イアース」と読みます。

IaaSは仮想サーバーやネットワークなどのインフラを提供します。「ホスティングとどう違うんだ?」と思われるかもしれませんが、大雑把に言ってしまえば、ほとんど変わりがありません。

しかし、ホスティングではハードウェアの構成などを変更できませんでした。IaaSでは管理者がスペック、OS、ストレージの容量、ネットワーク(ファイアウォール、ロードバランサなど)を自由にカスタマイズできます。自由度が高く迅速に環境を構築できることが大きなメリットです。

代表的なIaaSには、Google Compute Engine (GCE)、 Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) 、IBM SoftLayer、ニフティクラウド、GMOクラウドALTUSなどがあります。

SaaSはソフトウェアの提供

SaaSは「Software as a Service」の略で、読みは「サース」です。「サーズ」と濁らせてしまうと、ウィルスによって引き起こされる重症急性呼吸器症候群のSARS(サーズ)の病名と勘違いされるので気を付けましょう。。

SaaSソフトウェアを提供します。従来のアプリケーションソフトウェアは、パッケージ製品で、DVDなどのディスクからクライアントのパソコンにインストールしていました。しかし、アプリケーションソフトウェアをインターネットを介して利用できます。

メリットとしては、クラウド上のストレージにデータを保存可能なこと、パソコンはもちろんタブレットやスマートフォンなどマルチデバイスで利用できること、複数の人間が利用できるサービスがあることです。ユーザー数や利用時間に対してフレキシブルに構成を変更できます。デメリットは、インターネットを介して利用するため、プロバイダ側のネットワークに障害が生じたときには利用できません。

代表的なSaaSは、Google Apps、Salesforce、Oracle Fusion CRM、サイボウズOfficeなどです。「ASP (Application Service Provider)と、何が違うんだ?」と疑問を感じるかもしれませんが、これも大雑把にいえば、ほぼ同じと考えて構いません。

PaaSはプラットフォームの提供

PaaSは「Platform as a Service」の略で、「パース」と読みます。

一般ユーザーの利用にとどまらず、開発のプラットフォーム(基盤)として利用することを想定して、クラウドを提供しています。たとえば、大規模なデータセンターを設置、アプリケーションソフトウェアが稼働するハードウェア、OS、開発環境などの一式を外部に開放しています。

IaaSの違いとしては、IaaSがインフラの提供に対して、PaaSはミドルウェアも含めてプログラム開発の動作環境、実行環境まで提供していることです。

代表的なPaaSには、AWS(Amazon Web Service)、Microsoft Azure、Google App Engine(Google Cloud Platform)、IBM Bluemixなどがあります。

DaaSはデスクトップの提供

DaaSには「Desktop as a Service」の略で、「ダース」と読みます。

DaaSは、クライアントのデスクトップ環境を提供します。ユーザーはディスプレイとキーボードなどの機器を用意するだけで、ネットワーク上のデスクトップ環境を呼び出して利用できます。アイコンやフォルダやウィンドウなどのGUIすべてをクラウドから呼び出します。スマートフォンやタブレットなどの端末で使うことのできるサービスもあります。手元にデータが残らないため、セキュリティ面が強化されることがメリットです。

代表的なDaaSには、Microsoft Virtual Desktop、IBM Smart Business Desktop、Citrix XenDesktopなどがあります。

それぞれの違いが明確になったでしょうか。インフラの提供か開発環境まで求めているのかなど、構築するシステムによって、適切なクラウドのサービスを選択することが大切です。

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。

https://www.capa.co.jp/CorporateSite_LP_B/


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP