PythonのGUIライブラリ「Kivy」の紹介


PythonのGUIライブラリは数多くありますが、その中でもKivyは最も注目されているGUライブラリの1つです。
今回はこのKivyの紹介となります。

Kivyの特徴

Winsows、OS X、Linuxといった主要なOSだけでなく、iOS、Androidで動作するアプリを作れるのが最大の特徴です。Raspberry Piもサポートされました。
また、ソースコードを変更する必要もなく、例えばiOS、Android間のアプリ移植もスムーズに行うことができます。これは大変便利です。KV languageというCSSに似たKivy独自の言語を使うことで、レイアウトも直感的に作成することが可能です。

Kivyの日本語情報

Python自体に言えることですが、日本語情報は少なめです。そのせいでKivyの学習を挫折した方も中にはいらっしゃいます。

Kivy ドキュメント日本語訳

Kivy公式ドキュメントの日本語訳をされているWebサイトです。

ユーザーガイド、プログラミングガイド、チュートリアルといった初心者向けのページだけでなく、API Referenceのページも翻訳が進んでいます。Webの日本語情報としては、最も役立つページとなるでしょう。

PythonでかんたんiOSアプリプログラミング

こちらは書籍です。
iOSアプリプログラミングという名前ですが、Kivyの入門書としてもしっかり使えます。非常に分厚い書籍ですが、丁寧に日本語で解説がされています。ウィジェットの解説が多く、リファレンスとして手元に置いておきたい書籍です。

「Kivy」ではじめる Pythonプログラミング

こちらも書籍です。
Kivyの入門書というよりはKivyを題材にしたPythonの入門書です。Kivyのアニメーションでキャラクターを動かしていくプログラムを作りながら進めていくので、楽しく学習できます。Python自体に詳しくない方に特にお勧めな書籍です。

Kivyのインストール

「User’s Guide」の「Installation」ページの方法に従って進めていきます。先程紹介した日本語訳ページで翻訳済みですので、こちらを参考にすると迷わないはずです。

Kivyのような複雑なライブラリになってくるとインストールが上手くいかない場合があります。このような場合、Windowsならばこのページから自分の環境に合った.whlファイルをダウンロードし、そのファイルに対してpip install ファイル名と試してみると上手く行くこと多いです。

Kivyを利用する際の注意点

iOSアプリ作成時

Kivyに限った話ではないのですが,ビルドしたアプリをiOSデバイスに転送するには、Mac OSが必要になります。Mac OSはネットカフェ等にも基本的には置いてなく、Macを所持していない方は注意が必要です。当然iOSデバイスも用意することになります。
また、AppStoreで公開する場合は「Apple Developer Program」に登録する必要がありますが、年会費として99ドルかかり、審査もなかなか厳しいです。

Androidアプリ作成時

こちらもKivyに限った話ではありませんが、GooglePlayで公開するためには登録料25ドルのディベロッパーアカウントを作成する必要があります。全体的にiOSに比べると作業は楽です。

PCアプリ作成時

どうしても見た目がスマートフォン寄りになってしまうため、PCアプリ寄りのデザインは少し作りづらいかもしれません。(お洒落ではあるのですが)スマートフォンアプリには興味がない、という方ならば他のGUIライブラリを試すことも検討してみると良いでしょう。

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP