電子領収書のメリットは、紙の節約だけじゃないことを知っていますか


請求書や領収書などの発行は面倒なものですよね。営業活動や制作業務などが得意な方ほど、「こうした書類仕事はうんざり」という方が多いと思います、中でも領収書の発行はその金額の内容によって収入印紙のルールがあってそれを調べてから正しい印紙を貼ったりする作業がたいへんです。

でも、領収書を電子発行に切り替えしまえば、この収入印紙そのものを貼らなくて良くなってしまう、ということをご存知でしたか?

 

 

「印紙税法」というのはあくまで「紙」の書類にかかる税

 

印紙をいくら貼らなくてはいけないかというのは「印紙税法」で定められています。ざっとこんな感じです。

■5万円未満 非課税
■100万円以下 200円
■100万円超200万円以下 400円
■200万円超300万円以下 600円
■300万円超500万円以下 1千円
■500万円超1千万円以下 2千円
■1千万円超2千万円以下 4千円
■2千万円超3千万円以下 6千円
■3千万円超5千万円以下 1万円
■5千万円超1億円以下 2万円
■1億円超2億円以下 4万円
■2憶万円越3億円以下 6万円
■3億円超5億円以下 10万円
■5億円超10億円以下 15万円
■10億円超 20万円

契約金額が高額であったりするとこの金額は馬鹿になりませんよね。取引金額に比例して、税金の額も上がってきます。紙の書類を作成するのが面倒、という以上にとんでもない経費となってくることが一目瞭然です。

個人でも大変な負担になりますが、企業においても同一の契約書を大量に作成したりする場合、これらの収入印紙の額が枚数分かかってくることになります。

しかし、「電子領収書」を使えばこうした経費は「ゼロ」になるのです。

 

 

領収書を電子領収書にすれば印紙代はゼロにすることが可能

 

「え!?なんで」と思う方もいらっしゃると思いますが、領収書にかかる印紙とはあくまでも「紙の文書にかかるものと」定義されているからです。つまり領収書PDFのように電子発行にすれば印紙代はまったくかかりません。

このように法律で定められている印紙税ですが、領収書を電子文書として発行すると一般的に印紙税の対象とならないといわれています。つまり、印紙税がかからないということです。

印紙税法では収入振子による課税の対象を「別表第1の課税物件の欄に掲げる文書には、この法律により、印紙税を課する。」と定義しています。

ここでの文書というのは、あくまでも紙の書面で作成され交付された文章のみを指します。したがって電子文書は含まれていないと解釈されています。念のため税務署にて電話で確かめましたが、その通りの回答が帰ってきました。つまりどれだけ高額であっても領収書を電子発行すれば収入印紙はまったく不必要となるのです。

具体的には下記のような方法で収入印紙代をタダにすることが可能です。

■領収書をWEB上で電子発行して完了する
■領収書を電子メールで発行して完了する
■領収書をFAXで発行して完了する

これらの方法で交付された領収書は、国税庁で定義された書面原本を交付していないため、税務署からの課税の対象になりません。ですので、現在律儀に書面にて領収書を発行している会社は、上記いずれかの方法を採用することで、その日のうちに、印紙税がかからなくなるというわけですね。

盲点といえば盲点なのですが、もともと「現物(=書面)の交付が行われる」ものにたいして課税されるとはっきり定義されている『「請負契約に係る注文請書を電磁的記録に変換して電子メールで送信した場合の印紙税の課税関係について』(国税庁ホームページ)ので、そのような扱いになります。

現在当たり前のように、収入印紙を貼って業務を遂行している企業は経費削減の大きなヒントになるのではないでしょうか。

 

 

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP