LIXILがBIM自動設計ツールをArchicadとrevit向けに提供


この記事を読むと以下の3つのことがわかります。

①そもそもBIM自動設計ツールって何?
②LIXILが提供しているBIMデータ一覧
③ArchicadでLIXILが提供しているBIM自動設計ツールを使ってみる

そもそもBIM自動設計ツールって何?

BIM自動設計ツールの説明の前に、BIMの概要について説明します。

BIMの概要

BIMとは「Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)」の略です。
一般的な住宅に比べ、ビルなどの大規模な建造物では、2次元の平面図、立面図などだけでは設計者、施工者、施工主などの関係者間で理解度に違いが出てきて、結局は「建ててみないとわからない」という状況になりかねません。
そこで登場したのが3DCADをベースにしたBIM3次元モデルです。このモデルでは建造物本体の外観だけではなく、構造設計や設備設計などを設計段階でシミュレーションすることが可能になります。
また、BIMモデルは建材や設備機器など、全てがオブジェクトの集合体になっており、それぞれのオブジェクトには形状、数量、品番、寸法、素材、性能、価格、組立工程などの情報が定義されています。
これにより、BIMを活用すると設計からメンテナンスまでを一貫して管理することができます。

BIM自動設計ツールとは

CADを使った設計を少しでも軽減するため、各社のCADソフトには設計や定形作業を支援するための自動化ツールが用意されています。
例えばAutodesk RevitではDynamoと呼ばれるスクリプト言語やAutodesk Revit APIを使って各種作業の自動化を図ることができるようになっています。

ここでは、LIXILが自社で販売しているフェンスや駐輪場などを自動配置できる「BIM自動設計ツール」をご紹介します。
LIXILのBIM自動設計ツールはBIMオブジェクトの配置を自動的に行うことができるため、設計者が効率的に作図することが可能です。これはLIXILが「設計者ファースト」と呼ぶ設計者を第一にという観点によるものです。
例えば、フェンスを外構に配置する場合、敷地の形状や高低差などを考慮する必要があるのですが、LIXILのBIM自動設計ツールでは、範囲などを割付指定し、商品名を一覧から選択するだけでBIMオブジェクトが描画されます。また、3Dプレビューを見ながら、大きさや高さなどを変更することも可能になっています。
製品の形状や材質、大きさ、型番などの情報は配布されたBIMオブジェクトに含まれているので、設計者はそれらを確認したり変更するだけで効率的に作図することが可能です。

LIXILが提供しているBIMデータ一覧

LIXILのBIM自動設計ツールは、2019年9月9日にARCHICADとAutodesk Revitに対応した非住宅向けエクステリアのフェンスと駐輪場が開発されました(発表時、Autodesk Revitはフェンスのみの対応、駐輪場は開発中)。(※1)

この他にも、LIXILには自社製品のCADオブジェクトが多数公開されており、その数は2020年4月現在で数百点になります(こちらはBIM自動設計ツール対応ではありません)。
「LIXILビジネス情報」に掲載されている商品分類の中から主なものを書き出してみました。詳細はLIXILビジネス情報をご参照ください。(※2)
・エクステリア
駐輪場(自動設計対応)
フェンス(自動設計対応)
車止め
カーポート
・通路用シェルター・バス停
・ビルサッシ・カーテンウォール
・トイレ
・洗面化粧室
洗面器・手洗器
手洗いカウンター
・水回りアクセサリー
ベビーキープ
可動式手すり
・各種施設用設備機器
バリアフリー対応器具
・パブリック向け
パブリックトイレ
・水まわりユーティリティ
排水トラップ
洗濯機パン
・水栓金具
キッチン用水栓金具
止水栓
シャワー付水栓柱
洗濯機用水栓金具
※一部Autodesk Revitでは提供されていない、ARCHICADのデータのみのオブジェクトがあります。

ArchicadでLIXILが提供しているBIM自動設計ツールを使ってみる

ここでは、実際にArchicadでLIXILが提供しているBIM自動設計ツールを使ってみましょう。

事前にARCHICADのライブラリマネージャーにLIXILのBIM自動設計ツールのデータを読み込んでおきます。

では、外構にフェンスを配置してみます。
メニューバーの「エクステリア」から「LIXIL EXT配置ルール」を選択し「フェンス」をクリックします。
次に、フェンスを配置したい箇所の地盤の変化点をクリックしていけば終了です。設置状況は「割付図」をクリックして確認することができます。もちろん3Dでフェンスの外観を見ることも可能です。

今度は駐輪場を配置してみましょう。
こちらもメニューバーの「エクステリア」から「LIXIL EXT配置ルール」を選択、表示されたアイコンから「駐輪場」をクリックします。
ここでは「領域設定」または「自転車台数」を選択できます。最初は「自転車台数」をクリックしてみます。
「駐輪場設定」ダイアログが開きます。ここに自転車の台数と列数を入力するだけで、適切な大きさの駐輪場を書くことができます。オプションパラメーターとして自転車の間隔やサイクルラック位置、商品自体のサイズや仕様、基礎設定、通路幅など、細かい設定も可能になっています。
入力が終わって「OK」ボタンをクリックすると、平面図に駐輪場を設置することができます。
さらに、平面図に設置した駐輪場の外観を変更したり、3Dを見ながら屋根幅を変更することができます。

今度は「領域設定」で駐輪場を設置してみましょう。
「領域設定」を選択すると、平面図に多角形で設置したい領域を指定することができます。
領域を指定すると「駐輪場設定」ダイアログが開きます。ここでは「割付指定」ボタンをクリックします。
屋根の設置向きを選択して、列の割付方向を指定します。
再び「駐輪場設定」ダイアログが開くので「プレビュー」ボタンで確認できます。このとき「配置方法」や自転車の間隔、基礎指定などのオプションパラメーターを設定するとプレビュー画面に反映されます。
「OK」ボタンで確定したあとも、ストレッチコマンドで屋根の長さを変更可能です。
なお、駐輪場の詳細はBIMデータに含まれているので「標準図」で確認することができます。

まとめ
今回ご紹介したLIXILのBIM自動設計ツールを使うと、建物と敷地に外構を加えることができるため、より建築イメージがわかりやすくなります。設計者、施工者、施工主などの関係者間で設計思想を共有することができ、設計段階でお互いの意思疎通がよりスムーズになります。
今回はArchicadでの操作方法をご紹介しましたが、Autodesk Revitでもほぼ同様の手順でBIM自動設計ツールを使用することができます。
LIXILのBIM自動設計ツールを活用して、ArchicadやAutodesk Revitをより強力なBIMツールにしてみてはいかがでしょうか。

▽BIMに関する記事はこちらもチェック

他社に勝てる企画設計モデルとは?BIMで叶える“消耗しない”設計

脱“3K”!国土交通省のBIM/CIM施策原則化で建築業界に働き方改革

BIMの取り組み事例を知りたい!国内事例と使えるソフトについて

 

LIXILのBIMデータのダウンロード先はこちら
https://www.biz-lixil.com/prod_data/

LIXILのBIM自動設計ツールを解説した動画「LIXIL Exterior × BIM Planning for ARCHICAD」
https://biz-lixil.com/tv/play.php?id=6069545953001

参考URL
(※1)
https://newsrelease.lixil.co.jp/news/pdf/2019090901.pdf

(※2)
https://www.biz-lixil.com/prod_data/bim_rev/

CONTACT

株式会社キャパでは、
BIM開発についてご相談を承っています。

営業時間:月~金 9:30~18:00 
土日・祝 定休日
FAXでのお問い合わせは24時間受付中 
FAX:03-5297-2879

▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を毎日更新しています!
・Twitter

・Facebook
キャパFacebookページへ

関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP