1. TOP
  2. ブログ
  3. Meta Quest 4はAI活用にどんな影響を与える?注目の理由や将来性を解説

Meta Quest 4はAI活用にどんな影響を与える?注目の理由や将来性を解説

FacebookやInstagramの運営元として知られるMeta社は、現在XRやAI領域、そしてそれらを含めたメタバース領域における研究開発やサービス開発を強化しており、業界をリードできるほどの競争力を備えつつあります。

そんな同社が特に開発を強化している分野として、XRゴーグルが挙げられます。中でも「Meta Quest」シリーズは同社の最新技術が集積しており、多くの知見や可能性を世間に与えてくれている製品です。

この記事では、今後登場すると言われているMeta Questについて、なぜ高い期待が発表前から寄せられているのか、発表された際にはどのような製品になるのか、そしてMeta Quest 4の登場でAI活用はどのように変化していくのかを解説します。

目次:

  • Meta Quest 4の概要
  • なぜMeta Quest 4は注目されるのか
  • 「Meta AI」に見るMetaのAI戦略
  • Meta Quest 4に期待される機能
  • Meta Quest 4はいつ発売?

Meta Quest 4の概要

Meta Quest 4は、現行モデルであるVRゴーグル「Meta Quest 3」の後継機を指す言葉です。現状ではMeta Quest 3の後継機についての詳細は公式に発表されておらず、Meta Quest 4という名称も通称であるため、正式な名称がそのようになるとは限りません。

ただ、Meta Quest 4の登場についてはMeta Quest 3のクオリティの高さやそこで垣間見せられたゴーグルの可能性の高さは、多くの人の想像を超えるものでした。そのためすでに多くの関係者やファンがその動向を注視しており、さまざまな予想や期待がMeta Quest 3の発売からまもないにも関わらず、ネット上で飛び交っています。

なぜMeta Quest 4は注目されるのか

Meta Quest 4の動向に大きな注目が集まっている理由としては、同製品がXRヘッドセットとしての一つの到達点に辿り着く可能性が高いからです。これまでXRヘッドセットといえばVR(仮想現実)ゴーグルに限定されたもので、その用途は仮想体験に特化したものでした。

しかしMeta Quest 3においては、VRに加えてAR(拡張現実)やMR(複合現実)といった、XR関連の全ての機能を使い分けられる製品に仕上がっており、いよいよスマホやラップトップに変わる生活端末としての可能性を見せるようになってきています。

また、Meta Quest 3ではトラッキングシステム周辺での大幅なアップデートが施されており、身体の動きを正確に捉えたり、ユーザーの周辺環境の情報も高速かつ正確に捉え、高度なAR体験が可能になったりしていることも、注目を集めている理由の一つです。

このような高機能化がみられながら、本体はレンズの薄型化なども行われ、普段使いに適したサイズの小型化も進んでいることから、Meta Quest 4ではここからどれくらいの技術革新が得られるのかに期待が集まっています。

「Meta AI」に見るMetaのAI戦略

Meta Quest 4が注目されているのには、XRヘッドセットの開発に加え、高度な生成AIの開発運用も急速に進んでいることが理由として挙げられます。

生成AIを使ったチャットサービス「Meta AI」はその代表例で、Meta Quest 3から同サービスを利用し、効率的な運用も可能になるなど、ハードとソフトの両面から強力なパフォーマンスを発揮することが期待できるでしょう。

Metaは現在メタバースと生成AIの融合という新しい領域の開拓に注力しており、メタバース空間で仮想的なAIアバターによるサポートを受けながら、各種メタバース空間のサービスを受けられるような構想にも取り組んでいます*1。

現実世界では音声ガイドやチャットサポートに限定されていたのが、メタバース空間では実体が伴っているような感覚でAIを使えるようになることから、近未来的な体験をここで得られる可能性があるわけです。

Meta Quest 4ではMR関連の機能が強化され、メタバースにおけるAIの存在感は、より一層大きなものとなっていくでしょう。現実世界と仮想世界が一体化していくような、今までにないハイテク活用がMeta Quest 4を通じて進むかもしれません。

Meta Quest 4に期待される機能

Meta Quest 4がリリースされた場合、従来モデルと大きな違いを生むことになるのがSoC(System on Chip)です。A全ての処理能力が従来のSoCよりもはるかに高速化され、高度な生成AI機能を使いこめるような製品になっていると考えられています*2。

またAI機能の強化は、そのままトラッキング機能の強化にもつながることも期待されます。ユーザーの身体的特徴に合わせた柔軟性の高いトラッキング能力により、まるで身体がコンピューターの中に入り込んだような、強力な操作性を獲得できるかもしれません。

現状ではヘッドセットによる身体情報のトラッキングは、上半身の情報に限られているものでした。しかしMeta Quest 4のAI機能の強化により、ヘッドセットだけで全身の運動をリアルタイムで取得できる、フルトラッキングも可能になると考えられています。

将来的にはコントローラーによる操作も必要がなくなってくる、生成AIを使った音声コマンド操作も強化され、リアルタイムの情報取り込みが加速していくかもしれません。

これまではキーボードやタッチスクリーンが必要だった操作も、声や目線の動きだけで操作ができるようになることも夢ではないでしょう。

Meta Quest 4はいつ発売?

そんなMeta Quest 4の気になる発売日ですが、現在は公式には発表されていないため、予想の域を出ないのが現状です。ただ、Metaはこれまでに同社の開発ロードマップを公開していたことがあり、それを元に2025年〜2027年の間になるとも予想されています*3。

しばらくはMeta Quest 3を触り、そこからその操作性や今後の可能性について考えてみる時間となるでしょう。

まとめ

この記事では、今後発売が予想されているMeta社のXRゴーグルMeta Quest 4について解説しました。現状では公式情報が限定されており、不確かな情報も多いものの、Meta Quest 3のクオリティから、Meta Quest 4はXRゴーグルのスタンダードとなる可能性に多くの期待が寄せられています。

MetaのAI開発の動向と合わせ、今後も注視しておきたいトピックであることは間違い無いでしょう。

FacebookやInstagramの運営元として知られるMeta社は、現在XRやAI領域、そしてそれらを含めたメタバース領域における研究開発やサービス開発を強化しており、業界をリードできるほどの競争力を備えつつあります。

そんな同社が特に開発を強化している分野として、XRゴーグルが挙げられます。中でも「Meta Quest」シリーズは同社の最新技術が集積しており、多くの知見や可能性を世間に与えてくれている製品です。

この記事では、今後登場すると言われているMeta Questについて、なぜ高い期待が発表前から寄せられているのか、発表された際にはどのような製品になるのか、そしてMeta Quest 4の登場でAI活用はどのように変化していくのかを解説します。

目次:

  • Meta Quest 4の概要
  • なぜMeta Quest 4は注目されるのか
  • 「Meta AI」に見るMetaのAI戦略
  • Meta Quest 4に期待される機能
  • Meta Quest 4はいつ発売?

Meta Quest 4の概要

Meta Quest 4は、現行モデルであるVRゴーグル「Meta Quest 3」の後継機を指す言葉です。現状ではMeta Quest 3の後継機についての詳細は公式に発表されておらず、Meta Quest 4という名称も通称であるため、正式な名称がそのようになるとは限りません。

ただ、Meta Quest 4の登場についてはMeta Quest 3のクオリティの高さやそこで垣間見せられたゴーグルの可能性の高さは、多くの人の想像を超えるものでした。そのためすでに多くの関係者やファンがその動向を注視しており、さまざまな予想や期待がMeta Quest 3の発売からまもないにも関わらず、ネット上で飛び交っています。

なぜMeta Quest 4は注目されるのか

Meta Quest 4の動向に大きな注目が集まっている理由としては、同製品がXRヘッドセットとしての一つの到達点に辿り着く可能性が高いからです。これまでXRヘッドセットといえばVR(仮想現実)ゴーグルに限定されたもので、その用途は仮想体験に特化したものでした。

しかしMeta Quest 3においては、VRに加えてAR(拡張現実)やMR(複合現実)といった、XR関連の全ての機能を使い分けられる製品に仕上がっており、いよいよスマホやラップトップに変わる生活端末としての可能性を見せるようになってきています。

また、Meta Quest 3ではトラッキングシステム周辺での大幅なアップデートが施されており、身体の動きを正確に捉えたり、ユーザーの周辺環境の情報も高速かつ正確に捉え、高度なAR体験が可能になったりしていることも、注目を集めている理由の一つです。

このような高機能化がみられながら、本体はレンズの薄型化なども行われ、普段使いに適したサイズの小型化も進んでいることから、Meta Quest 4ではここからどれくらいの技術革新が得られるのかに期待が集まっています。

「Meta AI」に見るMetaのAI戦略

Meta Quest 4が注目されているのには、XRヘッドセットの開発に加え、高度な生成AIの開発運用も急速に進んでいることが理由として挙げられます。

生成AIを使ったチャットサービス「Meta AI」はその代表例で、Meta Quest 3から同サービスを利用し、効率的な運用も可能になるなど、ハードとソフトの両面から強力なパフォーマンスを発揮することが期待できるでしょう。

Metaは現在メタバースと生成AIの融合という新しい領域の開拓に注力しており、メタバース空間で仮想的なAIアバターによるサポートを受けながら、各種メタバース空間のサービスを受けられるような構想にも取り組んでいます*1。

現実世界では音声ガイドやチャットサポートに限定されていたのが、メタバース空間では実体が伴っているような感覚でAIを使えるようになることから、近未来的な体験をここで得られる可能性があるわけです。

Meta Quest 4ではMR関連の機能が強化され、メタバースにおけるAIの存在感は、より一層大きなものとなっていくでしょう。現実世界と仮想世界が一体化していくような、今までにないハイテク活用がMeta Quest 4を通じて進むかもしれません。

Meta Quest 4に期待される機能

Meta Quest 4がリリースされた場合、従来モデルと大きな違いを生むことになるのがSoC(System on Chip)です。A全ての処理能力が従来のSoCよりもはるかに高速化され、高度な生成AI機能を使いこめるような製品になっていると考えられています*2。

またAI機能の強化は、そのままトラッキング機能の強化にもつながることも期待されます。ユーザーの身体的特徴に合わせた柔軟性の高いトラッキング能力により、まるで身体がコンピューターの中に入り込んだような、強力な操作性を獲得できるかもしれません。

現状ではヘッドセットによる身体情報のトラッキングは、上半身の情報に限られているものでした。しかしMeta Quest 4のAI機能の強化により、ヘッドセットだけで全身の運動をリアルタイムで取得できる、フルトラッキングも可能になると考えられています。

将来的にはコントローラーによる操作も必要がなくなってくる、生成AIを使った音声コマンド操作も強化され、リアルタイムの情報取り込みが加速していくかもしれません。

これまではキーボードやタッチスクリーンが必要だった操作も、声や目線の動きだけで操作ができるようになることも夢ではないでしょう。

Meta Quest 4はいつ発売?

そんなMeta Quest 4の気になる発売日ですが、現在は公式には発表されていないため、予想の域を出ないのが現状です。ただ、Metaはこれまでに同社の開発ロードマップを公開していたことがあり、それを元に2025年〜2027年の間になるとも予想されています*3。

しばらくはMeta Quest 3を触り、そこからその操作性や今後の可能性について考えてみる時間となるでしょう。

まとめ

この記事では、今後発売が予想されているMeta社のXRゴーグルMeta Quest 4について解説しました。現状では公式情報が限定されており、不確かな情報も多いものの、Meta Quest 3のクオリティから、Meta Quest 4はXRゴーグルのスタンダードとなる可能性に多くの期待が寄せられています。

MetaのAI開発の動向と合わせ、今後も注視しておきたいトピックであることは間違い無いでしょう。

建築・土木業向け BIM/CIMの導入方法から活用までがトータルで理解できる ホワイトペーパー配布中!

❶BIM/CIMの概要と重要性
❷BIM/CIM導入までの流れ
❸BIM/CIM導入でよくある失敗と課題
❹BIM活用を進めるためのポイント
についてまとめたホワイトペーパーを配布中

*1 AV Watch「【西田宗千佳のRandomTracking】MetaのVRとAI戦略はどこに行くのか。CTO・VR責任者に現地取材」

https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/rt/1536704.html

*2 ビジネス+IT「AI全盛期の「Meta Quest 4」がいよいよ“革命的ヘッドセット”になる理由」

https://www.sbbit.jp/article/cont1/128129?page=2

*3 上に同じ

    カテゴリ一覧

    PAGE TOP