1. HOME
  2. ブログ
  3. スマホで4K動画を撮影できる日がやってきた!でも、動画はクッソ重いぞ!

スマホで4K動画を撮影できる日がやってきた!でも、動画はクッソ重いぞ!

ソニーが4K動画を撮影できるスマホを発表した。

世界初の4Kスマホ登場、「Xperia Z5」の魅力を探る

2015年9月4日から9日までドイツ・ベルリンで開催された「IFA2015」では、ソニーモバイルコミュニケーションズが最新スマートフォン「Xperia Z5」シリーズを発表、世界初の4K画面搭載などの新機軸が注目を浴びた

よく考えれば、コレはかなりすごいことである。現在の報道カメラマンなどのプロですら、まだ完全に4K対応しているわけではないのだから、「たかが」スマホで4K動画を撮影できるようになれば、現場の素人が撮影する動画もプロ並みの画質を誇るようになるかもしれない、ということである。

4Kの動画はたしかに綺麗だ。ご覧になったことのある方ならイメージが湧くと思うが、質感、色の描写ともにHD画質をかなり凌ぐ。一度4Kになれてしまうと、HDにすら戻れなくなるかもしれない。

 

…といいコトずくめに思えるかもしれないが、やはり4K動画はまだスマホの手に余るスペックかもしれない。

なぜなら、4K動画は極めて大きなサイズであるからだ。1分あたり1ギガ。これが4K動画のサイズだ。これほどの大きなサイズになると、そうカンタンに人に送ったり、どこかに補完したりすることができない。

また、スマートフォンの内部ストレージをすぐに圧迫してしまうほどのインパクトが有る。

 

回線速度、スマートフォンのストレージ、この2つが解決しないかぎり、4K動画はまだスマホの段階ではなく、専門のカメラの分野であることは変わりないだろう。

 

とはいえ、HD画質が撮影できるスマホは今や普通である。また、ストレージも年々巨大化していることを鑑みると、近い将来4Kがスタンダードとなる可能性は十分にある。

なにせ、綺麗なものを見るのはだれだって好きなのだ。

 

 

 

    関連記事

    カテゴリ一覧

    PAGE TOP