グロースハックとは何か?


近頃、「グロースハック」なる言葉をよく耳にする。ただし、グロースハックの具体的な中身についてはご存じない方も多い。そこで、グロースハックとはなにか、現場のイメージを書いてみたい。

 

グロースハックの定義は様々あり、それをどう見るかによって変わるが、「主にwebやアプリの領域で、ユーザーを増やすための施策を行うこと」となる。

ただし、それだけでは従来のマーケティングや営業と何が違うのか、という疑問が浮かぶだろう。グロースハックは以下の部分に特徴を持つ。

 

1.広告などに大量のお金を投下することはしない

現在は広告の効果がますます低くなっている。いかにユーザーに「シェア」「紹介」をしてもらうかが主眼になる。

 

2.製品やサービスを積極的に改良する

従来は、製品やサービスを「どう売り込むか」が重視されている。一度開発されてしまえば製品のスペックには基本的に触ることができない。だが、webやアプリの特性上、製品をリリースしたあとも積極的に製品を改良することができる。

グロースハックはそこに着目し、「いかに改良するか」を施策に盛り込む。

 

3.データ主導である

webやアプリは利用者の動きが取りやすいため、データ主導で改良やユーザの獲得が可能だ。

 

うえの3つを見て分かる通り、本来の意味での「マーケティング」には、グロースハックを包括する概念がある。だが、マーケティングと言う言葉から「広告」を連想する人が多くなった今、「グロースハック」という別の概念を作り、上の3つの概念を押し出す必要があったのだろう。

そのような意味では、「グロースハック」は、マーケティングの中の一つの概念、という事もできる。


関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP