ヘルスケアがシリコンバレーの新たな潮流となるか。AppleがiPhoneにドナー登録ボタン追加


Appleが今秋公開予定の次期OS「iOS 10」から、臓器移植のドナー登録を簡単にできるボタンを追加すると発表しました。(今回発表では米国のみ)

あまり知られてないですが、アップルのiPhoneには「Health(日本では「ヘルスケア」)」というプリインストールアプリがあります。それはその日の歩数や移動距離を計ってくれたり、Apple Watchをつけていれば心拍数なども記録してくれます。

2016-07-06 23.51.36

みなさん知ってましたか?公式アプリのわりにはアップルは全然アピールしてこないですし、結局Apple Watchを使ってない限り、いや使っていても、さして実用性もなく、一体Appleは何やりたいんだ?って多くの人が思っていたのではないかと思います。

2016-07-06 23.50.19

で、今回ようやくその「Health」アプリで目立った動きがあったというわけです。

このサービスは、臓器提供を推進する米非営利団体Donate Life Americaと連携し、アプリ内でドナー登録をすることで、Donate Life Americaのドナーデータベースに情報が直接送信されます。

Donate Life Americaによると、現在米国では現在12万人以上の人々が臓器を待っており、たった1人が登録するだけで、臓器、角膜、組織は50人を救える可能性があるとのことです。

 

インターネットの特徴の一つに、一個人と不特定多数を効率的に繋ぐことができる「マッチング」という側面があります。

今回は臓器提供者と臓器提供を待っている人を繋ぐいわゆる「マッチング」にあたるわけです。今では技術的に新しいでも難しいことでもありません。

しかし、その「マッチング」を人の命を預かるヘルスケア分野に「本気」で生かそうとしてきたのはシリコンバレーの有名企業の中でもAppleがはじめてかもしれません。

最近イノベーションがないと言われているAppleですが、今回のような取り組みで再び輝きを放ってほしいところです。

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。
アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
https://www.capa.co.jp/CorporateSite_LP_B/

 


関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP