trueview、Youtubeの動画広告の現状と課題とは


“YouTuber(ユーチューバー)”という存在が知られるようになって久しく、彼らが動画の冒頭で流れる動画広告からインセンティブを得ていることも、また広く知られつつあります。
そんなYoutubeの動画広告とは、一体どんな物なのでしょうか?

『trueview』と称されるこれらについて、現状と課題を分析します。

 

 

trueviewの概要とメリット

 

Youtubeで動画を再生すると、冒頭に広告が流れることがあります。
『trueview』とは、この広告のことを指します。
一定時間視聴されるか、またはクリックされて広告本体のページが閲覧されるかすれば、出稿した広告主に広告料が発生して、動画に設定したYouTuberにインセンティブが入ります。

以下は、広告を出してみたい企業様向けの『trueview』のメリットの解説です。

 

trueviewのメリット

 

・広告を出す動画のカテゴリや範囲によって、閲覧者の嗜好を絞り込める(適切なターゲット層に見てもらえる)
・Youtubeというネット上のトップメディアに出稿することで、多くの人々に見てもらえる
・セグメント(日時・地域・年齢・性別・趣向など)を指定して配信できる
・料金(インセンティブ)を自由に設定できる
・広告が表示されただけでは料金は発生しないので、経費が無駄にかさまない

また、広告動画のフォーマット自体も自由度が高くなっています(長さなど)。ドラマ仕立ての長い動画や、商品の使い方やサービスの楽しみ方を解説したハウツー動画など、様々なアプローチができます。
さらに、パソコンはもちろんのこと、ハイエンド携帯端末にも幅広く配信できます。そのため、視聴者層のリーチも幅広く得られます。

 

trueviewの種類と特徴

 

『trueview』には、大別して2つの種類があります。
動画広告が流れるタイミングや場所を細かく設定できるので、ターゲット層や広告内容に適したアプローチができます。

 

1.インストリーム広告

 

・動画の冒頭、途中、終了後のいずれかで再生される
・自動的に再生されるので、閲覧される機会が多い
※ただし再生開始から5秒後以降はスキップが可能になる
・広告が30秒間(それ未満の長さの場合は最後まで)視聴されるか、クリックするなどの操作が行なわれた場合に料金が発生する。
・動画再生ページ、パートナーサイト、アプリなどに表示される

 

TrueView ディスカバリー広告

 

・「サムネイル画像+テキスト」の形式で表示されて、クリックされると再生される
・クリックされて視聴された場合のみ料金が発生する
・『モバイル版 YouTube』 のトップページや、動画の検索結果、関連動画などに表示される

それぞれの特性を理解して選べば、より効果的なアプローチが可能となります。

例えば、予算を思い切りかけたドラマのような動画なら、映画の予告編のノリで『インストリーム広告』の冒頭や終了後に流すと良いでしょう。
また、シンプルな動画でも商品やサービス自体に自信があるのなら、キャッチーなサムネイルやキャプションを付けて『TrueView ディスカバリー広告』で配信すると良いでしょう。
配信先として設定するカテゴリや動画と強い関連性があるのなら、特に『TrueView ディスカバリー広告』がオススメです(観光地のカテゴリや動画に現地の施設や名物の広告を設定する、など)。

上記のような傾向と対策を踏まえれば、様々な活用法が広がります!

 

 

見込み客は膨大! でも成功の道は険しい?

 

『TrueView』 のメリットは多々あるものの、もちろん課題やデメリットもあります。
特に動画という形態のため、誰もが気軽にチャレンジできるわけではありません。
以下に、そんな『TrueView』 のデメリットについても解説いたします。

 

trueviewのデメリット

 

・初期費用がそれなりにかかる(一定以上のクオリティの動画を制作するには数十万~百万円以上が必要)
・人の目を引き、また、飽きずに最後まで視聴してもらえる動画を作ることは難しい
・ネット特有のノリ(嗜好)や、ユーザーの行動傾向を把握してアクセスにつなげることも難しい

基本、動画を好むネットユーザーはせっかちな傾向があります。
「1分1秒でも早く目的の動画を見たい!」という思いでクリックするので、そこにお目当てではない広告が流れると、すぐにスキップされてしまうことが多いのです。また、「邪魔をされた」などという反感を持たれてしまう危険性もあります。

そんな心理的なハードルを越えて「見たい!」「買いたい!」と思ってもらえる動画広告を作るには、慎重なマーケティングリサーチと十分な予算が必要でしょう。

このように、『trueView』は多くの人々にアプローチできる有効な広告ではありますが、基本、無料で楽しみたいと考えているYoutubeユーザーの嗜好とは相反する部分もあります。そんな矛盾やリスクをよく理解した上で、広告の制作や出稿を検討する必要があるでしょう。

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP