意外に多機能なMacプレビューの便利な使い方


AppleのMac OSラインアップのコンピューターには、独自の専用アプリケーションが用意されています。例えば、Mac版のワープロソフトのPagesや表計算ソフトのNumbersなど、Windowsアプリケーションの代替となるようなものもあり、変わらない便利な利用が可能です。今回は、Macのプレビューという簡易的な画像編集ソフトの便利な使い方について紹介したいと思います。

 

 

Macプレビューの基本的な機能

 

Macのプレビューは、Mac OSの専用ソフトウェアで、もともとは画像ビューアと呼ばれる類のものです。画像ビューアは、コンピュータ上で取り込んだ写真やダウンロードした画像を閲覧するために利用されています。Mac製品には、標準的にインストールされており、ほぼ全てのユーザーは馴染みのあるソフトウェアです。最近では、画像の簡易的な編集機能などが実装されており、多機能なソフトウェアとして利用されているのです。

 

 

PDFにマークアップできる

 

マークアップとは、PDFデータにテキストやコメント、署名などを挿入するための機能で、Macプレビューにも搭載されています。従来は、別のソフトウェアでPDFを開いて編集したり、手書きで書き込んだりしなければいけませんでしたが、Macプレビューを使えば、その手間を省くことができます。Macプレビューのナビゲーションから、テキストボックスを出現させることで、その中に自由に任意のフォントとサイズ、色などでテキストを挿入することで、PDFへのマークアップを行います。また、メモなどを追加することもでき、忘れないように追加情報を書き込むことができます。Macビュアーのマークアップは、機密保持にも適しており、署名なども行えます。署名は、圧感タッチトラックパッドや外部入力のデバイスなどからインプットすることで、紙にペンでサインするように本人直筆の署名が出来上がります。

 

 

簡易的な画像の編集が可能

 

Macプレビューの画像編集機能には、簡易的に画像を編集する機能が多々盛り込まれています。例えば、任意の画像範囲を切り取る”切り取り”、画像を時計回り、反時計回りに反転させる機能、色合いなどを調整するスライダー、サイズを調整するツールなどの機能が実装されているのです。また、複数のPDFを一枚の画像として統合するための機能があり、パンフレットや広告チラシなどを作成するために利用できます。

 

 

様々なファイルフォーマットに変換する

 

Macプレビューは、様々な画像フォーマットに適応しており、互換性があるだけではなく、他の画像フォーマットに変換する機能も有しています。PDFやPNG、JPEG、GIFなどのよく利用される画像フォーマットはもちろんのこと、Microsotf特有のMicrosoft BMP、Microsoft アイコン、Photoshopの独自フォーマット、QuickTimeのフォーマットなどのニッチなフォーマットなどにも対応しています。Macプレビューを介することによって、面倒なフォーマットの変更をプルダウンなどから選択するだけで実行することができるのです。

 

 

クラウドなどへの共有ができる

 

Mac OSのコンピューターは、iCloudなどの利用を促進しており、アプリケーションはクラウドサービスへの連動性を高めています。Macプレビューは、編集やマークアップなどを行なった画像を直接自身のクラウドスペースへの共有や保存を実行することができるのです。また、iPhoneなどのiOSデバイスなどとの親和性も高く、モバイルへの共有も可能です。

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP