VBAでここまでできる! AutoCADカスタマイズ 第1回


第1回「Hello, World」

こんにちは。キャパの風間です。
今回は、AutoCADのカスタマイズについて、わかりやすく初心者からVBAを使用して解説していきたいと思います。

それでは早速、初めてカスタマイズする人向けに、環境構築から”Hello, World!”を表示する簡単なプログラムの作成方法をご紹介します。

■用意するもの
・AutoCAD 2015 ※LTは不可、体験版OK
・VBA Enabler
http://www.autodesk.com/vba-download
※英語のサイトですが、気にせずにダウンロードして実行してください。
VBA1_2
※32bit版と64bit版があります。ご注意ください。

■AutoCAD2015やVBAイネーブラのインストール方法は基本的に表示されたデフォルトの設定で問題ありません。ここでは説明を省略します。

それでは、AutoCADを立ち上げましょう。
VBA1_1

1.図面を開始を押下する
VBA1_8

2.起動完了
VBA1_9

3.Alt + F11 を押す。
VBA1_4

4.「ThisDrawing」をダブルクリック
VBA1_5

5.「Global1」テキストエディタ内に Public Sub Test1 と書いて「Enter」を押します。()とEnd Subが自動で生成されます。

6.Public Sub Test1()とEnd Sub の間に、 MsgBox (“Hello, World”) と書きます。

7.F5または実行ボタンを押下します。

実際のプログラムはこちら。

Public Sub Test1()
MsgBox (“Hello, World”)
End Sub

VBA1_6

どうでしょうか。
非常に簡単に出来たのではないでしょうか。

今回はプログラムを体感していただける、
一番基本の基本をご紹介しました。

しかし、まだこの段階では、CADの機能を活かしていません。
さらにCADの図面上に”Hello, World”と書いてみましょう。
以下の構文を更新してみてください。

Public Sub Test1()
MsgBox (“Hello, World”)

Dim dInsPoint(0 To 2) As Double

dInsPoint(0) = 0
dInsPoint(1) = 0
dInsPoint(2) = 0

Call ThisDrawing.ModelSpace.AddText(“Hello, World”, dInsPoint(), 100)
End Sub

F5または実行ボタンを押下します。
VBA1_7
いかがでしょうか。
カスタマイズの入り口は体感できたでしょうか。

次回は、もっとCADの機能を活かしたVBAについて、ご紹介したいと思います。

それでは。

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。
アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
https://www.capa.co.jp/CorporateSite_LP_B/


関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP