「御用聞きエンジニア」の末路


「エンジニアは御用聞になってはいけない」

このセリフを何回聴いたことだろう。もう10年以上も前から言われているかもしれない。が、あいも変わらず「御用聞きエンジニア」は存在する。

言われたことを忠実にこなす。

要望を聞き、納品する。

それが「御用聞き」であり、顧客がそれを望んでいることもよく分かる。「余計なことをするな」といわれる事があることも、理解する。

 

が、それであったとしてもやはり、「御用聞きエンジニア」が生き残るのは厳しい。

なぜだろうか。これには大きく3つの理由がある。

 

1.顧客の要望が、顧客が本当に望んでいることと同じであるケースが少ない。

顧客は要望を次々に出すが、「本当に望んでいること」を言語化することは非常に難しい。したがって、要望をそのままソフトウェアに実装した結果、「考えていたこととちょっと違う」ということはよくある。これは双方にとって不幸であるし、金銭トラブルのネタともなる。

 

2.顧客はシステムに詳しくない

顧客がシステムを欲している時は、「システムによって自分たちの課題が解決する」と彼等が考えている時だ。しかし、顧客はあくまでシステムのプロではない。解決策が間違っていることだって、十分ありえる。というか、間違っていることのほうが多い。

プロはプロとして、顧客が最善の方法で課題を解決できるよう、客観的な意見を述べなくてはならない。

 

3.「あなた方が望んだ通りに作りました」は、不満の温床となる。

顧客は望んだものが出来上がっても、満足しない。満足とは、「望んだもの以上のもの」から生み出される。したがって、常に開発者は「顧客が望んだもの以上のもの」を提供しなければならない。

そして、それは御用聞きでは実現不可能である。

 

いかがだろうか。

「御用聞き」は、一見聞こえは良い。食品や服飾など、形あるものについては納品されるもののイメージが明確となるので、御用聞きが機能するのだ。

しかし、ことシステムに関しては納品されるもののイメージが定まっておらず、顧客自身も自分の望んでいるものをしらない。

 

「提案営業」などという陳腐な営業を行う必要は全くないが、「要望+アルファ」くらいは、せめてやっておきたいものだ


関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP