コレもフリー? Bluetoothデバイスの3DCADデータあれこれ


3DCADデータを用いれば、比較的安価に製品のプロトタイプを用意できます。
また、部品のストックをせずに補修パーツを提供できるなど、注目されている分野でもありますね。

この記事では、Bluetoothデバイスの3DCADデータとその活用についてご紹介します。

クラシックカー部品の超少量生産を3Dプリンタで、ポルシェが対象部品を拡大中

 

急速に広まる、3DCADデータの活用

2Dと異なり、3Dは立体的な造形ができるため、近年は幅広い分野で活用されていますね。
弊社では創業以来、CADソフトやデータをソリューションとして提供しており、注力している分野の一つです。

設計業務の効率化(CADカスタマイズ)

 

まずは揃えたい! 3Dプリンター

ネット上には、Bluetoothデバイスの3DCADデータが無料で公開されており、3Dプリンターさえあれば、誰でも簡単に画面上のデータを実際に出力して手に取ることができます。

弊社ブログでも、過去に3Dプリンターの機種比較、実際に制作したiPadスタンドを記事中で紹介していますので、機種選定の際にぜひ参考にしてください。
3Dプリンターはモノ作り革命を引き起こす事が出来るのか?

 

こんなデータも? ネット配布のBluetoothデバイスの3DCADデータ

キーボードやマウス、スピーカーなどのデータが配布されています。
実際に使用するためには、スイッチやBluetoothレシーバーなどを揃える必要がありますが、個人でも十分、3DCADの世界を楽しめる時代になりました。
■注意点
ネット配布のデータには、他者の権利を侵害しているものもあります。
利用に当たっては権利関係を確認し、自らの責任において出力および使用してください。

 

Bluetoothモジュール/レシーバーの入手

3DCADデータを用いて、Bluetoothデバイスを制作する場合に必要なのが、Bluetoothモジュールとレシーバー。

製品として開発、販売するためには別途費用が発生することなどもありますが、意識したいポイントは以下の2つです。

 

1.Class(通信距離)について

Bluetoothの電波がどのくらい遠くまで届くかを示すのが、『Class』です。
スピーカーやマウス、キーボードであればClass2以上を選びましょう。

Class1
電波の到達距離 最大100m

Class2
電波の到達距離 最大10m

Class3
電波の到達距離 最大1m

■ポイント
電波の到達距離が遠い程、確実な接続ができる。
Class1を選べば、室内での使用には十分すぎるほど。

 

2.プロファイルについて

Bluetoothのプロファイルによって、デバイスでできること(機能)が決まってきます。

音声通信やストリーミング配信など、プロファイルは多数ありますので、適切なプロファイルを持つモジュールを選びましょう。

Bluetoothモジュールのプロファイル(株式会社バッファロー)
Legacy Profile(Bluetooth SIG)

 

3DCADの世界を気軽に楽しめる、Bluetoothデバイスの3DCADデータについてご紹介しました。
3Dプリンターの入手やBluetoothモジュールの選定など、自作には高いハードルもありますが、少しでも3DCADの可能性を感じていただけたならば嬉しいです。

 

もしよろしければ、以下コンテンツも併せてご覧ください。

子供向けも登場した3Dプリンターが世の中に浸透しつつあるぞ
CADとAR/VR 2018年以降の課題と展望
BIM建築は施工者と発注者のコミュニケーション革命

 

 

株式会社キャパでは、AR・VR・CADの開発・改善についてご相談を承っています。

作業効率化したいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
VR開発:サービスのご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP