自宅で古着が売れます。Amazonトレジャー・ファクトリー


断捨離はただのブームであった時期を超えてなお支持され、もうすっかり言葉としても考え方としても定着してきました。しかし、そんな断捨離を実行すると出てきてしまうのが不用品の山。特に洋服はお蔵入りになりやすいものです。気に入って買ったはずなのにもうクローゼットのスタメンから外れてしまった服や、いつのまにか似合わなくなってしまった服。ちょっと高かったのに・・・と思うと捨てるのも忍びないし、もったいない気持ちが断捨離の手を止めてしまいます。でもここでくじけてはいけない、何とか断捨離を実行せねば・・・ともがくのも“断捨離あるある”のひとつです。
そんなときに使える、古着の買い取りサービスが密かに話題を呼んでいます。2019年6月、リサイクルショップのトレジャー・ファクトリーはネットショッピング最大手のAmazon上で古着買い取りサービス「TreFacStyle」を始めました。

今回は、以下のポイントでAmazon+トレジャー・ファクトリーの古着買い取りサービスについて説明していきます。
・トレジャー・ファクトリーの古着買い取りサービスとは?
・どんなメリットがあるのか
・注意しなければならない点

トレジャー・ファクトリー

トレジャー・ファクトリーは、主に総合リサイクルショップを運営する企業で、古着に限らず家具、スポーツ用品、ブランドバッグなどのさまざまなリユース品を扱っています。実店舗も関東を中心に全国展開しており、現在は187店舗が営業しています。
もともと、トレジャー・ファクトリーでは宅配買い取りを含め、店舗買い取り、出張買い取り、引っ越し&買い取りの4つの形態での買い取りサービスを展開していました。既存の買い取りサービスでは同社のWebサイトから申し込みができ、その後の発送・査定・振り込みまでを自宅で完結できるサービスとなっています。

Amazonの「TreFacStyle」サービス

Amazonでの「TreFacStyle」サービスは、古着を売る手順としてはトレジャー・ファクトリー既存の宅配買い取りサービスとあまり変わりません。

・「TreFacStyle」の宅配買い取りサービスの流れ
1. Webサイトから宅配買い取りの申し込みをして集荷日を設定する
2. 箱・ショッパーに古着を詰めて送る
3. 査定額が送られてきて、その後振り込みされる

ユーザーは伝票すら書く必要がなく、Web上の手続きと箱詰めのみで買い取りサービスが受けられます。これは既存のサービスと同じです。
一連の流れの中でのトレジャー・ファクトリー既存サービスとAmazonでのサービスの違いは、サイトから申し込みをするときにトレジャー・ファクトリーサイトから申し込みをするのか、Amazonサイトで申し込みをするのかの違いだけです。

Amazon「TreFacStyle」のメリットとは

既存サービスよりも便利な点は、Amazonアカウントが使えること!

買い取りに必要な手順は既存サービスとほとんど同じといっても、Amazonアカウントを持っている大多数の人には確実に便利です。いつも利用するAmazonのサイトからすぐに買い取り手続きができるので、買い取りサービス業者を検索してどこがいいか検討して(検索を始めると、ついいろいろと比較してみたくなるものです。)『うーん口コミではこっちは良心的って言ってるけど本当はどうなのかしら・・・』なんて思っているうちに面倒くさくなってしまう、なんていうこともなくすぐに手続きを開始できます。

また、査定金額は現金振り込みだけでなく、Amazonギフト券での支払いも選ぶことができます。

フリマアプリよりも便利な点は、安心&対象商品なら確実に売れること!

とはいえ、古着を売るならフリマアプリという手段もあります。ヤフオク!やメルカリのように自宅に眠っている不要なものを気軽に売ることができるサービスがここ数年大変な人気を集めています。
しかし、こうしたフリマアプリでは個人同士の取引となり、売る側として商品の写真を撮ってアップロードしたり、商品説明や宣伝文句を書いたり、売るためのアピールをしなければなりません。さらに送料は自分持ちの場合もあり、そのうえ確実に売れるわけではなく買い手が現れるまで待つしかありません。買い手が現れたとしてもどんな相手かわかりませんし、いろいろとメッセージのやりとりを行い、梱包・配送日などにも気を使う必要があります。
その点、企業相手の買い取りサービスであれば、そうした心配はいりません。
「TreFacStyle」は送料無料、対象ブランドであれば査定によりますが買い取ってもらえる確率が高いです。梱包して送るだけでよく、プロによる安心の査定で迅速に、そして相場相応に買い取ってもらうことができます。

注意しなければならない点

そんな便利な買い取りサービス「TreFacStyle」ですが、利用するときに注意したい点もあります。買い取りサービス対象品における注意点は以下です。

・対象になるのは、服飾品のみ
Amazonの「TreFacStyle」では服、バッグ、靴などの服飾品のみ対象です。
トレジャー・ファクトリーサイトでの宅配買い取りサービスではこのほかホビーアイテム、デジタルカメラなどのガジェット、文具用品などの取り扱いが可能です。

・状態が良くてもノーブランド製品、定価3000円以下の製品は対象外
指定ブランドが決まっているわけではありませんが、ノーブランド品はNGのようです。また、定価が3000円以下の商品も対象外となります。

・浴衣、喪服、子供服は対象外
サイズや柄によりまだキレイなのに着られなくなってしまうこれらの製品は、断捨離で売りたいものランクの上位に入りがちですが、残念ながら対象外です。これはちょっと大きなデメリットかもしれません。

・購入から年数が経っているもの
対象となるのは目安として2年以内のものとサイトに記載があります。状態が良くても、購入から何年も経過しているものは対象外となります。
ただし、ハイブランドの衣類やバッグ、ヴィンテージ古着に関しては3年以上経過していてもOKのようです。

こうした対象外の製品は、送ったとしても査定されずに返送されます。そして送ったもの全てが対象外だった場合は、返送料は利用者側の負担となるので注意が必要です。

このほか、サービス利用に関する注意点もあります。

・10点以上まとめる必要がある
服飾品のみで10点以上を集める必要があります。不用品が10点も無いという場合は、フリマアプリや店舗買い取りを利用しましょう。

・未成年の申し込みはできない
未成年(20歳未満)は親の承諾があっても買い取りサービスに申し込みができません。必ず大人の方が行うようにしましょう。

・申し込みをした人と振り込み口座などの名義は一致している必要がある
買い取りサービスの本人確認の都合上、申し込みをした人の名義と振り込み口座、本人確認書類名義の氏名が全て一致していなければなりません。家族でまとめて不用品を売りたい場合も、アカウントと振り込み口座は自分のものを使用するようにしましょう。
なお、旧姓だとしても、一致していなければ買い取りできないことになっているそうです。

こうした注意点はあるものの、思い立ってすぐに申し込みができる宅配買い取りサービスのメリットは大きいですよね。
また、スマホ内に増えまくるアプリやWeb上に増えまくるアカウントに辟易しているユーザーも、Amazonにアカウントをまとめられるのはうれしいポイントです。

まとめ

フリマアプリも一時のフィーバーが過ぎて、手数料の高さや売買のやりとりの煩雑さなどがネットで指摘されるようにもなってきました。そのタイミングで、送料・手数料無料でやりとりが簡便なAmazon+TreFacStyleのサービス開始で、断捨離の新しい流れとなるかもしれません。

▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を毎日更新しています!
・Twitter

・Facebook
キャパFacebookページへ

CONTACT

株式会社キャパでは、アプリ開発について
ご相談を承っています。

営業時間:月~金 9:30~18:00 
土日・祝 定休日
FAXでのお問い合わせは24時間受付中 
FAX:03-5297-2879


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP