1. TOP
  2. ブログ
  3. Apple Air Tagと他製品との違いは

Apple Air Tagと他製品との違いは

私は物を無くしたことが一度もありません、忘れたことも一度もありません。なんて方いませんよね?生活を楽にしてくれる便利なアイテムが増える一方で、管理が大変になるケースも多くあります。そんな煩わしさを解消できる、モノを無くすことが無くなるアイテム紛失防止タグを紹介したいと思います。

この記事でわかること

・紛失防止タグとは
・紛失防止タグにできる事
・紛失防止タグの比較

紛失防止タグとは

紛失防止タグは別名スマートタグともいい、財布や携帯など貴重品や使用頻度の高い持ち物と組み合わせることで、スマートフォンなどのデバイスから位置情報を知らせることが可能で合ったり、アプリケーショを使用し、持ち物の確認などに利用できるアイテムです。より分かりやすく表現すると、モノを無くしたり、忘れてしまう事を防ぐことが可能なアイテムです。紛失防止タグにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴や使用用途が異なります。

①キーボルダー型

鍵やUSBなどの、小さく厚みに左右されないモノに使用されます。バッグの中などで吊り下げて使用するので、一目で分かり、すぐに取り出して使用できるといったメリットがあります。注意点としては、基本的に穴の開いているモノにしか取り付けができないので、購入をする際はよく確認をしてください。※1

②タグ型(プレート型)

こちらは一番一般的なタイプで、大小様々な大きさがあります。キーホルダー型に比べると非常に薄く大きさを選べるので自由な使い方が可能です。財布やカードケースに入れられる事が多く、重要な資料などに挟み管理するといった例もあります。

注意点としては、キーホルダー型と違い一体化するわけではないので、落とさないように気を付けてください。

③シールタイプ

シールタイプは上記2種類と比較し一番自由度が高いです。最近ではスマートフォンなどに貼り付ける方も多いです。プレート型同様、書類やノートにも貼り付けることも可能です。また、形状を問わないので、どんな形や大きさにも対応できます。さらに、付け替え可能な製品もあるので、パスポートなどの一時的に紛失を気を付をつけたいモノにも利用することができます。

紛失防止タグにできる事

続いては、紛失防止タグはどんなことができるのかより詳細に説明いたします。

①タグの位置を記録する

こちらは、タグの位置をスマートフォン上から確認できる機能です。ですのでどこで無くしたかのおおよその想定が可能です。

②GPS機能

こちらは、より正確に「いつ、どこで無くしたか」把握することができる機能です。また、子供やペットの迷子防止にも役立ちますのでお子様などに持たせ、常に位置を把握することが可能です。

また、音や通知で場所を知らせることもでき、家の中での紛失などにも役立ちます。

中には、タグを紛失した際に、自分と同じタグを使っている人が近くを通ると、最新のタグの位置をお知らせしてくれるクラウドトラッキング機能を持っているタグもあります。※2

③忘れ物防止機能

こちらは、タグとスマートフォンなどを連携させておくことで、一定の距離離れた際に音や通知を鳴らし知らせることができる機能です。モノの紛失や盗難を未然に防ぐことができ、置き忘れなどにも効果的です。

紛失防止タグの比較

ここまで紛失防止タグの種類や特徴についてお話してきました。ここからは、今一番知名度と人気のあるApple AirTagを中心に他の紛失防止タグと比較をしていきます。今回比較する紛失防止タグは以下になります。

・Apple AirTag
・MAMORIO
・Tile Mate

比較する対象項目は以下になります。

・値段
・寿命
・有効範囲
・機能

それでは早速見ていきたいと思います。

①Apple AirTag

名前から分かる通り、Appleが提供している紛失防止タグになります。

・値段

3,800円/1個もしくは、12,800/4個の2つから選択が可能

・寿命

約1年以上。コイン電池式のため自身で交換が可能

・有効範囲

最大10m。iPhoneアプリの「探す」から有効範囲内であれば世界中のどこでも追跡可能

・機能

①音で知らせる
②スマホで探す
③ユーザー連携

②MAMORIO

MAMORIOは複数種類の紛失防止タグを販売しているので、用途に合ったお好みのタグを購入することが可能です。

・値段

種類によって変わりますが、最もスタンダードなモデルですと、2,728円/1個になります。

・寿命

約1年。電池交換はできないため都度、購入が必要になります。

・有効範囲

最大60m。AirTagよりも広い範囲が有効範囲となっています。

・機能

①紛失位置情報記録
②紛失防止アラート
③クラウドトラッキング※3
④位置情報の共有
⑤紛失履歴の確認

③Tile Mate

Tile MateはアメリカのTile社が展開している商品です。MAMORIOと同じく、数種類あり好みで選ぶことができます。また他製品にはない、タグからスマホを鳴らすという機能も備わっています。

・値段

種類によって変わりますが、最もスタンダードなモデルですと、3,377円/1個になります。

・寿命

約3年。電池交換はできないため都度、購入が必要となりますが、MAMORIOと比べ寿命が長いので交換頻度は少なくて済みます。

・有効範囲

最大60m。MAMORIOと同様の有効範囲です。

・機能

①スマホから音を鳴らす
②スマホで探す
③紛失位置情報記録
④紛失防止アラート
⑤位置情報の共有
⑥紛失履歴の確認※4

表にまとめると以下になります。

寿命値段有効範囲機能・特徴
Air Tag1年以上(電池交換可能)3,800円/1個最大10m・音で知らせる・スマホで探す・ユーザー連携
MAMORIO約1年(電池交換不可)2,728円~/1個最大60m・紛失位置情報記録・紛失防止アラート・クラウドトラッキング・位置情報の共有・紛失履歴の確認
Tile Mate約3年
(電池交換不可)
2,480円~/1個最大60m・スマホから音を鳴らす・スマホで探す・紛失位置情報記録・紛失防止アラート・位置情報の共有・紛失履歴の確認

まとめ

ピッタリの紛失防止タグは見つかりましたか?Apple製品との相性やデザインが良く、必要最低限の機能で問題ない方方はAirTagを、AirTagにない機能やモデル、価格で探している場合はMAMORIOやTile Mateなど、皆さんの必要とする場面と照らし合わせながら選んでください!

また、今回は3種類での比較でしたが、まだ多くの種類の紛失防止タグが出回っています。お時間あるときに調べてみてはいかがでしょうか?

建設・土木業界向け 5分でわかるCAD・BIM・CIMの ホワイトペーパー配布中!

CAD・BIM・CIMの
❶データ活用方法
❷主要ソフトウェア
❸カスタマイズ
❹プログラミング
についてまとめたホワイトペーパーを配布中

デジタルツインと i-Constructionについての ホワイトペーパー配布中!

❶デジタルツインの定義
❷デジタルツインが建設業界にもたらすもの
❸i-Constructionの概要
❹i-Constructionのトップランナー施策

CONTACT

株式会社キャパでは、IoTの開発・改善について ご相談を承っています。

営業時間:月~金 9:30~18:00 
定休日:土日・祝


▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を随時更新しています!

参考

※1【2021年】スマートタグのおすすめ人気ランキング12選
https://my-best.com/7069
※2【2021年】紛失防止タグおすすめランキング!財布や鍵をGPSで管理しよう
https://smartparty.jp/loss-prevention-device
※3 MAMORIO
https://mamorio.jp/
※4忘れ物防止タグはどれを選ぶ?主要3製品を徹底比較
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO74953390Q1A820C2000000/

    PAGE TOP