新型MacBook Airは買い?最新情報から使い方を考察


Appleの新型MacBook Airが、今年秋に発売すると噂されています。発売前にもかかわらず様々な予想が飛び交い、非常に注目を集めている機種です。どうして、そんなに注目されているのでしょうか。最新情報から予想されるスペック、特徴から見える使い方を考察します。そして、ずばり買いなのか、その判断材料を示していきます。

 

 

初代MacBook Airの衝撃的なプレゼンテーション

 

MacBook Airが初めて発表されたのは、2008年1月でした。封筒から本体を取り出した、スティーブ・ジョブスのパフォーマンスは有名です。キャッチコピーは”The world’s thinnest notebook”、当時、世界最薄のノートPCでした。「Air」の名前が示すように、薄型、軽量をコンセプトにしました。機能面では、CDやDVDを読み込む光学ドライブや各種ポートを大幅に廃止しました。当時のPCは、できるだけ多くのインターフェースに対応しようとしていたのですが、逆の姿勢を打ち出したのです。結果、MacBook Airシリーズは大ヒットし、Macパソコンの年間販売台数を押し上げました。Appleの製品が携帯性を重視する方向を決定した象徴と言えます。

 

 

薄型、軽量が売りだったコンセプトの変化

 

MacBook Airの成功により、Appleは携帯性を重視する方針に確信を得ました。他のノートPCでも薄型、軽量のデザインを採用していきます。次々と後続モデルの軽量化が図られた結果、携帯性と性能の両面で追い抜かれてしまいました。MacBook Airはコンセプトとして消化されてしまったのです。その結果、MacBook Airの特徴は、携帯性から低価格へと移行していきます。発売当初は20万円を超えていた価格が、2010年には10万円を切りました。できるだけお金をかけずにMacBookが欲しいという消費者に、ターゲットを移したのです。この変化は成功を収め、さらにApple製品の売り上げを後押ししました。MacBook Airの魅力は、「スタバでどや顔できる」と言わせる、革新的で美しい外観にあります。低価格とデザイン性が、今までノートPCを購入しなかった消費者層の心を捉えたのです。

 

 

外部インターフェースに注目

 

世界最薄ノートPCして発売されたMacBook Airは、旧世代の特徴を残すことになります。製品のシンプル化に自信を持ったAppleは、後続モデルのインターフェースを次々と廃止していきました。結果、MacBookの外部インターフェースは、USB Type-Cポートに一本化されています。従来のUSB Type-AポートとSDカードスロットを採用しているのは、MacBook Airのみとなったのです。新しいMacBook Airが、従来のインターフェースを残すのか、それともUSB Type-Cポートに一本化するのかは、注目のポイントです。もちろんUSB Type-Cハブを利用して、従来のUSB Type-AポートやSDカードを使うことはできます。しかし、旧製品をそのまま利用できるという汎用性から、従来のインターフェースを残してほしいという声もあります。旧製品を使うためにUSB Type-Cハブが必要となると、余計な経費もかかります。デザイン性も損なわれるかもしれません。Appleがどのような判断を下すか注目です。

 

▽MacBookの最新情報は??

買い替え前に! MacBook 12インチ(2018)歴代モデル比較も

 

 

最新情報から予想されるスペック

 

新型のMacBook Airで、噂されている特徴を見ていきたいと思います。まずは、ディスプレイにRetinaの採用が予想されています。従来、MacBook Airのディスプレイは、他機種に比べて解像度が低いのが弱点でした。しかし、高解像度、高画素密度を誇るRetinaディスプレイが採用されれば、従来のデメリットが解消されることになります。目に優しく、長時間の使用でも疲れにくくなるでしょう。価格に関しては10万円を切ると予想されています。以前の低価格路線を受け継ぐ方針となりそうです。現在の中古相場とそう変わらない値段で、魅力的な価格設定になりそうです。プロセッサーは「Kaby Lake Refresh」が採用されると噂されています。「Kaby Lake Refresh」は2017年1月に投入されたIntelのプロセッサーです。新製品にもかかわらず、最新のプロセッサーが搭載されないのは残念です。従来、採用が噂されていた「Cannon Lake」の生産が2019年末に遅れる見通しで、やむを得ない判断だったと思われます。ただ、2015年のモデルに比べれば性能は格段に上がります。高容量の動画編集など、特殊な使い方をしない限りは問題ないでしょう。

 

 

シンプルで分かりやすいラインアップ

 

例えばWindowsのノートPCは、非常に多くの製品が存在します。メーカー、デザイン、性能を見ても、たくさんの種類があります。自分の希望に合った製品を選ぶことが可能です。しかし、逆に選択肢が多すぎると悩んでしまう人々も存在します。どれを買えばいいのか分からないのです。それに比べると、AppleのノートPCは非常にシンプルなラインアップです。MacBook、MacBook Pro、MacBook Airの3種類で、比較が容易です。新しく発売された機種を選んでおけば、とりあえず間違いありません。選択肢が少ないことは、逆に分かりやすいとも言えます。

 

 

MacBook Airはどんな人に勧められるか

 

では、3種類のMacBookシリーズの中で、MacBook Airはどのような人に勧められるのでしょうか。予想される性能から見ていきましょう。まず、メリットとして特徴的なのが価格です。他の2種類に比べ低価格なので、予算を抑えたい人にお勧めできます。USB Type-AポートやSDカードスロットが搭載される可能性もあります。これらの製品を頻繁に使う人にとっては、便利な機種になるかもしれません。さらに、デザインにも注目です。外で使うことも多いノートPCにとって、外観は大切な要素です。デザインが気に入れば、愛着を持って長く使えます。人目を惹くので、優越感も味わえそうです。性能面では、MacBook Airは他シリーズに劣ることが予想されます。インターネットや文書作成と言ったCPUパワーを必要としない使い方の方が向いていそうです。とは言っても、普段使いには十分な性能で、動画閲覧や画像編集ぐらいなら全く問題ありません。

 

 

お勧めするMacBook Airの使い方

 

普段、iPhoneを利用している人にとって、MacBook Airはとても便利です。同じApple社の製品なので、連携性に優れています。共通して利用できるアプリも多く、データ閲覧や引継ぎが容易です。写真や動画の取り込みもスムーズで、加工や編集を行う際に便利です。「QuickTime Player」というソフトウェアを使えば、iPhoneの動画を簡単にトリミングできます。採用が噂される、Retinaディスプレイの美しさにも定評があります。画素数が従来のディスプレイに比べて多く、色が美しく見えます。写真や動画を加工する際に力を発揮するはずです。

 

 

MacBook Airを購入するのに向いていない人

 

では、逆にMacBook Airを購入するのに向いていない人はどんな人でしょうか。まず、最新ゲームを遊びたい人はあまり向いていないでしょう。MacBook Airは値段を抑えるために、高機能なプロセッサーを採用しないと思われます。最新の3Dキャラクターが動くようなゲームは、快適にプレイできません。そもそも、Windows機の方が様々なゲームに対応しているという根本的な理由もあります。また、容量の大きな動画の編集は、かなりCPUパワーを使用します。そのような作業を頻繁に行う方にとっては、もっとプロセッサー性能が高いMacBook Proを選ぶことをお勧めします。

 

 

ズバリ買いか?

 

今までの考察を踏まえ、MacBook Airはズバリ買いでしょうか。個人的な意見を言えば「買い」です。おそらく10万円を切ると思われる価格はとても魅力的です。今までMacBookを使ったことがない消費者層にも、購入するきっかけを作ります。ただそれにはRetinaディスプレイの採用は必須項目でしょう。MacBook Air最大の弱点を克服しないことには、低価格のメリットが強調されません。Apple社がMacBook Airで、ユーザー増加を狙っているのは間違いありません。iPhoneの利用者にとっても、連携することで利便性が大いに広がります。低価格で期待通りの性能であれば、消費者にとって魅力的な製品となるはずです。

 

▽Mac Book Airに関する記事はこちら

MacBook Air/Proなど旧製品のサポート終了による今後の影響

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。
「アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。」
「頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。」
「予算内に収まるのか?」
などのお客様のご相談に、親身に応じます。

アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP