ここに気をつけたい、iPadでのSIMフリー使用


スマホやタブレットを安く使うテクニックとして、すっかり定着した「SIMフリー」。
これを「iPadでしてみたい!」という要望をよく見かけます。

ですが、iPadをSIMフリーで使うためにはいくつかの注意点があります。これらの条件を満たさないと、せっかく用意したiPadやSIMカードが無駄になってしまいます!

以下にipadをSIMフリーで使うための注意点をご紹介します。

 

 

そもそもSIMフリーとは? 仕組みとポイント

 

SIMフリーとは、スマホやタブレット等の端末にかけられた「SIMロック」をはずして、どの通信事業者の「SIMカード(電話番号や契約者情報が記録されたIDカード)」でも使えるようにすることです。
日本では通常、最初に契約した通信事業者の「SIMカード」でしか使えないように、端末に制限がかけられています。この「SIMロック」を外さないと、別の通信事業者の「SIMカード」を入れても作動しません。

そして「SIMカード」を入れないと、どんなスマホやタブレットでも電話をかけたりネットを閲覧したりといった「通信」ができません。

さらにiPadには、「SIMフリー版(Wi-Fi + Cellular(セルラー)モデル)」と「キャリア版」の2種類があります。
キャリア版はdocomo・au・softbankといった大手キャリアで購入することができ、SIMフリー版は製造元のApple や、SIMフリー端末を扱っている販売店などで購入することができます。

つまりiPadをSIMフリーで使うためには、

・SIMフリーのSIMカード
・SIMフリー版のiPad(Wi-Fi + Cellularモデル) または docomo版のiPad(※理由は後述)

の2つが必要なのです。
どちらが欠けていても、iPadをSIMフリーで使うことはできません!

ですが、キャリア版のiPadの中でも、例外的に「docomo版のiPad」はおすすめできます。なぜならMVNO(格安SIMを提供している事業者)の多くがdocomoの回線を利用しているため、ほぼ制限なしで格安SIMを使えるからです。
また、MVNOにありがちな通信速度の遅さも感じないため、ストレスもたまりません。

ただし、契約したいMVNOの回線がdocomo系かどうかは、あらかじめよく確認しておきましょう!

 

 

「Wi-Fiモデル」のiPadは買ってはダメ!

 

別途気をつけたいのは、「Wi-Fiモデル」のiPadです。
これは文字通り、Wi-Fiでしか通信できない機種です。家庭や職場のWi-Fiに繋ぐか、外部のWi-Fiスポットを探すか、別の端末でテザリングしないと、通話やネットの閲覧ができません!

こうした制限があるぶん、定価も中古価格も安いので、間違って買ってしまう人が少なくありません。
特にSIMフリー版のiPadが欲しい人が利用しがちなApple Storeのネット注文や、中古販売店では、気づかずに買ってしまうことが多いようです。

安さにひかれて飛びついてしまわないように、どうかお気をつけください!

 

▽Wi-Fiモデルについてもっと知りたい方はこちら

他の情報機器との併用で比較するiPad simフリーモデルとwifiモデルの選び方

 

 

auやsoftbankのiPadも、条件を満たしていればSIMフリーにできる!

 

「au版のiPadやソフトバンク版のiPadを持っているのに、これはSIMフリーにできないの?」
と残念に思った方も、どうか諦めないでください!
以下の条件が揃っていれば、SIMロックを解除してもらうことができます。

・2015年5月以降に発売された機種
・購入日から101日目以上経ったもの
※他にも細かい条件があるので、au公式サイトソフトバンク公式サイトでよくご確認ください
※手数料はショップ店頭での申し込みなら3,000円、ネット申し込みの場合は無料です。
(ソフトバンクは「My SoftBank」から、auは「My au」からネット申し込みができます)

諦める前に、まずは調べてみましょう!

 

 

中古のiPadを買う場合は「赤ロム」に注意!

 

「赤ロム」とは、何らかの理由で販売元のキャリアから利用制限がかけられている端末のことです。
理由は「分割払いの支払いが完了していない(未払い料金がある)」「盗難品として機能がロックされている」などですが、こうした「ワケあり端末」を販売している怪しい販売店もあるので、注意が必要です。

店頭で試した時は大丈夫でも、後々不正が発覚して利用制限がかけられることもあります。赤ロムを避けるためには、

・怪しい販売店や、出品者の素性がよくわからないオークション、補償内容がしっかりしていないリサイクルショップ等では買わない
・安すぎるものは買わない
・iPadのIMEI番号で「ネットワーク利用制限」の状況を照会する

といった対策をしましょう。
特に3番目のIMEI番号の照会は、中古のiPadを買う場合は必ず調べておきたいものです。
方法は、以下のサイトでIMEI番号を入力するだけです。

docomo端末の「ネットワーク利用制限」の照会
au端末の「ネットワーク利用制限」の照会
Softbank端末の「ネットワーク利用制限」の照会

以上、iPadをSIMフリーで使う方法をご紹介しました。
格安の通信料で月々の支払いを軽くしてくれるSIMフリー。ちょっとしたコツを押さえてぜひiPadでも使ってみましょう!

 

▽格安SIMについての記事はこちら

次は、UQモバイルの格安SIMを使ってみたでござる。格安SIMは2枚以上持ちが基本。

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP