1. TOP
  2. ブログ
  3. Google検索を使いたくないときの検索エンジンは?

Google検索を使いたくないときの検索エンジンは?

皆さんは調べ物をする時、検索エンジンは何を使用していますか?大多数の方はGoogleを用いることが多いと思います。検索エンジンの確固たる存在であるGoogleは、日本でのシェア率は脅威の76%を占めます。*1

「インターネットで検索する」という意味のスラングとして「ググる (googling)」が存在するほど、検索エンジンといえばGoogleという認識が世界中で確固たるものとなっています。しかし、プライバシーに注意している人はGoogleの使用を避ける傾向にあります。

Googleは様々なサービスの提供に伴い、ユーザーのデータを追跡するようになりました。

なんとなくGoogleを使っていた方も、これを機に他の検索エンジンの使用を考えてみてはいかがでしょうか?

この記事を読むと、以下の3つのことがわかります。

・Google以外の検索エンジン

・検索エンジンのユニークな特徴

・自分に合った検索エンジン

検索エンジンの紹介

プライバシーを重視した検索エンジン - DuckDuckGo –

DuckDuckGoはユーザーのプライバシーが第一というポリシーを掲げる検索エンジンです。

唄い文句が「あなたを追跡しない検索エンジン」で、Googleのユーザー追跡に対する意思のようなものが感じ取れます。

DuckDuckGoはユーザーの情報をネット上に残さないよう、様々なプライバシー保護機能が搭載されており、誰もが邪魔だと思ったことがあるであろうCookieのポップアップを表示しない機能や、メールからトラッカーを削除する機能などが存在しています。*2

図1

図1のサイト下部のメッセージからも、ユーザーのプライバシーをとにかく守るという会社の信念が強く伝わってきます。

また、DuckDuckGoには「bang」と呼ばれる、検索の効率化が可能となる機能が存在します。これは、あらゆるサイトの検索バーがDuckDuckGoから利用できるようになる機能です。

例えば

!g 天気

と検索すると、Googleでの天気の検索結果を返してくれます。

!git Unity

と検索すると、GithubからUnityと付いた検索結果を返してくれます。

このようなbangコマンドは豊富にあり、

!yj (Yahoo!JAPAN)

!yt (Youtube)

!tw (Twitter)

!insta (instagram)

!aj (Amazon Japan)

!rakuten (楽天市場)

と、主流であるSNSや通販サービスなどは網羅されていることから、わざわざ他サイトにアクセスせずに検索できるのはとても便利な機能と言えます。

bangコマンドは2022年4月現在、なんと13,565個もあります。

豊富なサービスを持つ検索エンジン - Yahoo! JAPAN –

Yahoo! JAPANは日本でのシェア率はGoogleに次ぐ2位であり、日本での地位は確かなものとなっています。*1

Yahoo! JAPANの強みは、なんといっても日本人フレンドリーな豊富なサービス量です。

Yahoo!JAPANのホームページだけで、この情報量です。

画面中央にはニュース欄が配置され、気になる情報がすぐに目に飛び込んでくるレイアウトになっています。右側にはコロナの感染者数やワクチン接種の実績などがすぐに確認できるようになっており、左側には買い物、ゲーム、地図や料金支払いなどのサービスが豊富にあり、あなたの求めているサービスにすぐにアクセスが可能です。

世界2位のシェア率を誇る検索エンジン - Bing –

Bingは世界で2位のシェア率*3を誇る検索エンジンです。

Microsoft Edgeのデフォルト検索エンジンであり、シェア率が高い理由もこれが大きな理由だと考えられます。

WindowsOS搭載PCを買った人にとってのBingの印象は、【Google Chrome】と検索してChromeをインストールするためだけの検索エンジンというイメージをお持ちの方も中にはいると思います。

しかし、Bingにも魅力的な特徴はあります。それは、Bingオリジナルの検索技術です。Bingの検索技術は、GoogleやYahooといった大手の検索エンジンとは異なる独自のものを使用しており、ページから単純にテキストを探し出すだけでなく、現実世界の状況に合わせた検索結果を表示するように設計されています。*4

また、Bingは動画検索に最適な検索エンジンです。

Google検索と比較して動画の検索結果のサムネイルが大きいことや、サムネイルにカーソルを置くと動画のプレビューが再生されるため、動画の内容をすぐに確認できるなど、そのメリットは非常に大きいです。

検索するだけで緑が増える検索エンジン - Ecosia –

Ecosiaはドイツの企業が開発した検索エンジンです。

ドイツは過去に車の廃棄ガスや工場からの排煙が原因で大気汚染が進み、森の木が酸性雨で枯れるようになった歴史を持つ国です。そんな背景から、ドイツは世界の中でも環境活動への意識が非常に高く、緑化運動や環境政策など様々な活動を行っている国です。*5

そんなドイツ生まれのEcosiaは環境保全活動に力を入れており、サーバーの電力供給等は太陽光発電所から行っています。*6

Ecosiaで検索を行うと、その検索回数に応じた金額が植樹活動を行っている非営利団体「WWF」に寄付されます。その寄付額はなんと利益の80%以上であり、残りは想定外の事態のために内部で留保されます。そして、この留保された資金を使用する事態がなければ、植樹活動の資金として使用されます。また、月次の財政レポートを自身のサイト上に掲載しており、とても透明性の高い運営を行っています。

私達が検索を行うだけで、世界に緑が増えるのです。

自分専用の検索エンジン - You.com –

You.comは2021年にベータ版のサービスを開始した新進気鋭の検索エンジンであり、2000万ドル(約23億円)の資金調達に成功しています。

Googleを使っていると「知りたい情報が検索結果に表示されない」「広告がトップで出てきて煩わしい」などの問題点がありますが、You.comは、ターゲット広告の非表示や、検索結果の表示順のカスタマイズなど、自分好みの検索エンジンに設定することができます。

また、プライバシーにも配慮しており、ユーザーの追跡や個人情報の販売などをせず、プライベートモードを使えばユーザーの検索クエリやIPアドレスの記録もされません。*6

You.comのCEOであるRichard Socher氏は自然言語処理の研究者であり、自身の検索エンジンについて「当社の革新的なインターフェースで、ユーザーは好みに応じて、左右にスワイプしたり、情報ソースを上下に動かしたりして、コンテンツに触れることができる。明確なパーソナライゼーションとカスタマイズによって、ユーザーに真の主体性を与えることが重要だと考えている」と発言しています。*7

まとめ

アルゴリズムと膨大なユーザーデータから、Googleが最も優れている検索エンジンなのは間違いないですが、プライバシーに問題があるのも確かです。

Google以外にも検索エンジンはたくさん存在しており、個人情報の取り扱いを徹底していたり、日本人フレンドリーなサイトのレイアウトであったり、検索するだけで環境保全活動に参加できたりと、ユニークな検索エンジンはたくさんあります。

ぜひ様々なサービスを一度利用し、自分に合った検索エンジンを見つけてみてはいかがでしょうか!

建設・土木業界向け 5分でわかるCAD・BIM・CIMの ホワイトペーパー配布中!

CAD・BIM・CIMの
❶データ活用方法
❷主要ソフトウェア
❸カスタマイズ
❹プログラミング
についてまとめたホワイトペーパーを配布中

デジタルツインと i-Constructionについての ホワイトペーパー配布中!

❶デジタルツインの定義
❷デジタルツインが建設業界にもたらすもの
❸i-Constructionの概要
❹i-Constructionのトップランナー施策

CONTACT

株式会社キャパでは、アプリの開発・改善について ご相談を承っています。

営業時間:月~金 9:30~18:00 
定休日:土日・祝


▼キャパの公式Twitter・FacebookではITに関する情報を随時更新しています!

参考:
*1 : Search Engine Market Share Japan
https://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/all/japan
*2 :DuckDuckGoのデスクトップWebブラウザ、まずはMac版をβで
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2204/13/news071.html
*3 : Search Engine Market Share Worldwide
https://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/all
*4 : マイクロソフトがBing検索の重要アルゴリズムをオープンソース化
https://jp.techcrunch.com/2019/05/16/2019-05-15-microsoft-open-sources-a-crucial-algorithm-behind-its-bing-search-services/
*5 : ドイツ 環境問題への取り組み | NHK for School
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005311283_00000
*6 : How does Ecosia neutralize a search’s CO2 emissions?
https://ecosia.zendesk.com/hc/en-us/articles/201531072-How-does-Ecosia-neutralize-a-search-s-CO2-emissions-
*7 : プライバシー重視でグーグルに挑む、新検索エンジン「You.com」ベータ版公開
https://japan.cnet.com/article/35179220/

    カテゴリ一覧

    PAGE TOP