iPhoneと家が繋がる「家のIoT」化を加速させる新アプリ「Home」をアップルが発表


アップルはデヴェロッパー向けのカンファレンス・WWDCで、iOSアプリ「Home」を発表しました。

2016-06-18 1.10.33

このアプリは簡単に言うとIoTにより家にある電化製品をすべてインターネットに繋げてしまおうと言うものです。それらがiPhoneと連携し、さらにはiPadやApple Watchとも繋がることで、いつでもどこでもそれらと繋がっている電化製品であればコントロールできます。

例えば、iPhoneから照明アクセサリーの照明をつけたり暗くしたり、ドアを施錠したり、窓のシェードを下ろしたり、暖房の設定温度を下げたり、をiPhoneからすべてコントロールすることができます。もちろん音声アシスタント「Siri」でのコントロールも可能です。

2016-06-18 1.06.11

そして、それらいろいろな電化製品のコントロールを組み合わせて、例えば「Siri、おはよう!」と言えば、Homeが自動的にコーヒーポットを沸かし、地元のラジオ局の朝のニュース番組を流してくれというようなこともできます。

すでに「スマートホーム周辺機器を扱うすべての大手メーカー」、そして米国と中国の住宅メーカーと提携していると発表されています。

2016-06-18 1.26.25

つまりアップルは、家そのものと直接iOSアプリのHomeを連携させることで、アップル製品で家をコントロールできるようにしようとしているのです。

スマホと言えば、パーソナルなコンピューターデバイスとしてiPhoneが発売されて以来この10年で急速に広まりました。しかもそれらは生まれた時からiOSやAndroidと言った世界中ほぼ共通のプラットフォームです。

アップルの狙いは、iOSを活用することで生活に関するすべてのことと繋がろうとしているのです。それを実現するにはIoTはまさに渡りに船といったところだったでしょう。ますます便利のよくなる社会になっていってると信じたいとたいところですが、なんでもかんでも手元のiPhoneだけでコントロールできるのは凄いと思う判明とても怖い気もします

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。
アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
https://www.capa.co.jp/CorporateSite_LP_B/


関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP