細かすぎて伝わないMac製品の良いところ〜AirMac Express編〜


AppleのAirMac (日本以外はAirPort)という製品を知っていますか?

現在Apple Storeには「AirMac Express」「AirMac Extreme」「AirMac Time Capsule」の3種類の製品が販売されています。

これらは全て、Wi-Fiルーターなのです。

 

最近は、多くの人がパソコンがわりにスマートフォンを使うようになったため、携帯回線でこと足りるって人も多いのではないかと思います。

でも、iPhoneが登場する10年以上前は、インターネットを利用するには、パソコンを使うしか方法がありませんでした。

そのため、自宅でインターネットを利用するには必ずインターネット回線を引く必要があったです。

 

さて、そのAirMacシリーズですが、この最初の製品は今から20年も前にAppleが発売した製品なのです。

当時、iMacの大ヒットを受け、その次の戦略的製品はノート版iMacであるiBookでした。今のMacBookシリーズの古い祖先です。

(写真:初代iBook Wikipediaより)

 

それはApple初のワイヤレスLANを備えたノートブックでした。

そのiBookが1999年に発売されると同時に発表されたのが、AirMac Base Stationでした。ワイヤレスLANの送信機となる機能を持つ機器です。

そう、今では一般的に「Wi-Fiルーター」と呼ばれています。

(写真:AirMac Base Station Wikipediaより)

 

その後、全てのMacにはワイヤレスLANが標準装備されます。現在、AirMac Extreamとして、第5世代まで引き継がれています。

 

ところで、そのAirMac Base Stationの発売から5年経った2004年、その兄弟製品として発表されたのが、AirMac Expressです。

このAirMac Expressこそ、当時はまだ陽の目をみることのなかったけれども確実に存在していたAppleマニアの心をくすぐるに十分な製品だったのです。

(写真:AirMac Express Wikipediaより)

AirMac Expressは、AirMac Base Stationを大幅にコンパクトにし、有線LANが接続できれば、どこにでも無線LANが利用できるモバイル性も注目されましたが、もう一つある機能を備えていました。

 

発売された当時2004年頃は、iPodが急激に売れ始め、その専用のソフトiTunesが普及し始めた頃です。

 

Appleのスティーブジョブズは、ものすごい閃きを得ました。(と私が思っている)

 

なんとAirMac Expressに音楽ストリーミング機能をつけたのです。

AirMac Expressに内臓されているミニジャックにスピーカー端子を繋げると、パソコン内にあるiTunesの音楽を聴くことができるのです。

15年以上前からある機能なので、おそらく技術的には難しいことではなかったでしょう。でもWi-Fiルーターにわざわざ音楽ストリーミング機能をつけるなんて、とても遊び心があると思いませんか?

 

この機能が、どれくらい売り上げに貢献したのかはわかりませんが、筆者である私は、AirMac Expressを買う大きな動機になりました。

むしろこの機能が欲しくて、AirMac Expressを買ったようなものです。

当時、iPodで音楽を聴くようになり、当然手持ちのCDはMacのiTunesのライブラリーに全部ぶち込むことになるわけです。

はじめはiPodで音楽を聴くためだったのですが、気づけば自宅にいる時にも、パソコンから音楽を聴く方が便利が良くなっていたのです。

当然です、スピーカーやアンプなどのオーディオシステムと一緒にあるCDプレーヤーに、わざわざアルバムごとにCDを出し入れしなければ、聴きたい曲を聴くことができなかったからです。

それが、パソコンから操作するだけで好きな曲を簡単に選べるのです。

 

私は15年経った今でも、このAirMac Expressの音楽ストリーミングシステムを利用しています。

今でも音楽ストリーミング機能を重要している人はけっこういるんじゃないかなって思います。

なにせこのAirMac Expressは2004年の発売以来ずっと販売され続けているのですから。

 

と思っていたら、先日こんなニュースが…

 

Apple、Wi-FiルーターのAirMacを終了 (IT media news 2018/4/27)

全てのAirMacの販売を終了してしまうそうです…

残念な気がしますが、AirMacが出たばかりの頃に比べると、他メーカーからたくさん良い製品が出てますし、Wi-Fiルーターの将来性と言う面でも、携帯回線ネットワークの発展の方が見込みもありそうです。

 

少なくともAppleが、業界のイノベーターとしてWiFiルーターを開発していくという役割は終わったのかなって思います。時代の流れですね。

 

でも、私はこれからもAirMac Expressを大事に使って行こうと思ってますよ。

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介

保存保存

保存保存保存保存


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP