ipadをパソコンのように使えない理由。そしてiOS版Google日本語入力、Gboadへの期待。


巷はiPhoneXの話題で持ちきりだが、実は個人的に仕事で欠かせないのはipadの方だ。

知らない方も多いかもしれないが、iPad proとApple pencilの組み合わせは絶妙で、仕事で使っていた殆どの紙を排除できる。

 

会議のメモはipadに手書きで。

会議資料はipadのカメラで撮影して保管。

会議で出たキーワードはipadで即調べてクリッピング

エクセル・パワポ、ワードなどで作られている資料のシェアはGoogleドライブのアプリで

 

と、iPhoneよりもオフィスで活躍するのは、圧倒的にipadなのである。

 

特に先日、iOSがアップデートされ、iOS11となってからは、パソコン不要説を唱える人もいるくらいだ。

「iPad」は、iOS11でパソコン並みに進化した 画面を分割して2つのアプリを同時に表示

アップル自身が「iPadにとってこれまでで最大のソフトウエアリリース」とうたうだけに、iOS 11は、iPhoneよりも、むしろiPadの飛躍のほうが大きい。

一言でまとめるなら、これまでタブレットだったiPadを、パソコンのように進化させるアップデートといえるだろう。生産性が重要なビジネスで利用する際に、欠かせない機能の数々が追加されている。

この記事の著者の方は、べた褒めであるが、正直言うとipadをパソコンとして使うには一つ、大きな問題がある。

 

それは、「キーボードからの入力機能が貧弱である」ことだ。

 

つまり、手書きのときはipadで良いのだが、キーボード入力において、iPadは完全にノートブックPCに勝てない。

「外付けのキーボードがあるじゃない」

という反論があるだろうが、そういう話ではない。

 

貧弱なのはハードウェア的なものではない。純粋にソフトウェア的なものだ。

はっきり言えば、「IME」、つまり日本語変換機能が恐ろしくプアなのである。

 

iPadには独自の日本語変換ソフトを入れることができない。だから、Appleのデフォルトの物を使うしか無いのだが、これが恐ろしくアホなのだ。

iOS11のIMEに改善求ム! iPadをキーボードで使った時の7つの不満

詳しくは上の記事に詳しいが、要するにiPhoneの予測変換をそのまま持ち込んでいる感じである。

 

ただ、これは簡単な文章を入れるときには良いが、多少込み入った文章を書く際には全く役に立たない。

まだまだ予測変換の機能は実用レベルではないし、キーボードからの入力は、基本的には予測変換よりも自分で入力するほうが早かったりする。

 

そういうわけで、現状iPadだけをパソコン代わりに持ち歩いて、業務をすべてこなす、というのは不可能だ。

iPadはせっかくスペックの良いCPUを積んでいるのに、宝の持ち腐れである。

 

そういうことで、せめて、Google日本語入力が使えるようになってくれるといいなあ…。

 

と思っていたら、9月に待望のGboardという、iOS対応のIMEがGoogleから出ていた。暫くこれを使ってみようと思う。

使うためにはApp StoreでGboadと検索してインストールする。

 

アプリにフルアクセスを許可(Googleを信用していないと使えない)し、設定⇒キーボードから、デフォルトの日本語と英語のキーボードを編集メニューから削除すれば、完全にGoogleのキーボードのみを使う仕様となる。

参考:ついにキタ、iPhoneで「Google日本語入力」が利用可能に 「Gboard」の日本語対応により

 

楽しみだ。

 

画像:mxmstryo


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP