バーチャルが現実と交わる時。気になるARの疑問からアプリのご紹介


近年、爆発的な人気を誇るアプリとして老若男女ともに知名度が高いのが、『ポケモンGO』。名前を一度は聞いたことのある方も多いかと思います。そんな注目の集まっているアプリも『AR』を駆使したアプリであることをご存知でしたか?

 

 

ARとアプリの相性とは

 

ポケモンGOが人気になった理由

 

ポケモンGO人気の裏にはARアプリを牽引するナイアンティック社が開発を行ったイングレスというアプリの存在があります。イングレスの魅力で欠かせないのは、スマホと連動させるために、グーグルの位置情報システムをアプリに落とし込んだ点にあります。また、その位置情報システムには、重要な場所として「ポータル」が大きな鍵を握っています。それによって、イングレスを立ち上げているプレーヤー同士がポータルを通じてコミュニケーションを行うことができたりと、実際に存在する場所がバーチャル空間でも登場し、一つのコミュニティーとして機能する側面があります。

そのイングレスのデータが、アプリ開発でポケモンGOに大きく貢献したと言っても過言ではありません。

そして何と言っても、AR=拡張現実として、実際の場所とバーチャルな空間が融合し、現実世界がゲームとリンクするという部分にもあります。ポケモンGOでは、ゲーム進めるまた、飛躍させる方法はゲームを地道に続けていくことが求められるため、自分の行動がゲームとつながるという点においてもとっても需要になるのです。

 

ARのアプリ種類

 

現在、イングレス・ポケモンGOを筆頭にARを用いたアプリは他にも、ARを用いた、カメラのアプリも人気のようです。ゲームやカテゴリーに合わせていくつかご紹介していきます。

AR(ゲーム編)

ーゾンビ単AR

このアプリは、英単語をゲーム感覚で覚えられるといったものになっています。カメラを立ち上げると周囲にゾンビが出現し問題を答えていきながら倒していく教育の要素も含まれたゲーム。

ーRainbrow

こちらのゲームは、iphoneXに搭載されているTrueDepthセンサーを用いたARアプリになっています。眉の動きに合わせてゲームを進めていくかなり簡単なゲーム。

ARカメラ

ーSNOW

多種なフィルターを使ったカメラアプリとして国内でも絶大な人気を誇るアプリ。そのSNOWからもARをカメラアプリ機能に活用したものも登場しています。カメラさながらのフォーカス機能も備わっています。

 

 

アプリ以外でのAR活用は

 

ARが活用される場面とは

 

ARの活用は、エンターテイメント性のある分野以外にも、空間・デザインなどデジタルではスケールの小さすぎて創造性に欠けるような分野での活用が期待されています。最近では、大型家具屋メーカーとして世界的に知られるIKEA(イケア)もARのアプリに乗り出し、実際の部屋を一つのプラットフォームとしてARアプリと連動させながら、家具選びを行える物まで登場しています。

自分の目でしっかり見て・感じて・選ぶまでのプロセスにARが加わることでECコマースの壁となる「体験」をデジタルを駆使して行うことができます。

今後この活用に類似したアプリは、生活の様々な部分で便利性に飛んだアプリになるとも言えるでしょう。

特に、ECコマースとの連動を可能になるアパレル・雑貨・家具などはますます盛り上がりを見せ、様々なかたちでARが活用されていくのではないでしょうか?

 

 

株式会社キャパでは、AR・VR・CADの開発・改善についてご相談を承っています。

作業効率化したいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
VR開発:サービスのご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP