Android PayがGoogle Payになって、できるようになったこと。まだできないこと


2015年9月にサービスがスタートし、日本では2016年12月から使えるようになった、Googleが提供するモバイル決済サービスAndroid Pay。それがGoogleウォレットと統一され、Google Payへとサービス名を変更したのが2018年2月21日のこと。それから半年が経過して、Google Payの便利さとともに、これからに期待することもわかってきました。

そこで今回は、Android PayがGoogle Payになって、できるようになったことと、まだできないことをまとめてみました。

 

 

楽天Edy、nanacoに加え、SuicaとWAONも使えるように

 

Google Payのサービススタート時には、利用できる電子マネーは、楽天Edyとnanacoの2種類だけでした。それが2018年5月24日にはSuicaとWAONも利用できるようになり、国内の主要な電子マネーサービスはすべて利用できるようになりました。

ただし利用できるのは、おサイフケータイに対応しているAndroidスマホ(Android OS 4.4以降)だけ。Felicaの技術を利用しているので仕方が無いことなのかもしれませんが、Apple PayであればiPhone7以降のすべてのiPhoneで利用できることを考えると少し不便な感じもします。

また、モバイルSuicaで利用できる特急券やグリーン券の購入などはGoogle Pay上からは行えません(購入したチケットの確認だけは可能)。そのために特急券やグリーン券の利用があるなら、Google PayだけでなくモバイルSuicaアプリもインストールしておく必要があります。

 

 

2018年夏以降はクレジットカードも対応予定

 

現在、Google Payには直接クレジットカードを登録することはできません。そのため、どうしてもクレジットカードで支払いたいといった場合には、いったんクレジットカードから電子マネーにチャージして利用する必要があります。しかし2018年夏以降の対応となりますが、JACCSカードとJCBカードが登録できるようになる予定です。

同時に、プリペイドVISAアプリ「Kyash(キャッシュ)」も追加される予定です。Kyashは手数料無料で個人間送金ができるので、飲み会などで集金や精算といった、いわゆる「割り勘アプリ」として活用できます。LINE Payが同様のサービスで先行していますが、利用するには本人確認として身分証のアップロードか銀行口座の登録が必要となります。それにひきかえKyashはSMS認証のみで使えるので、Google Payが対応することでより一層の普及が期待されます。

Googleではさらに、対応サービスを拡大する方針となっています。対応予定が表明されているQUICPayをはじめiDへの対応など、今後には期待していきたいところです。

 

 

対応ポイントプログラムはTポイントとdポイントだけ

 

対応しているポイントプログラムについては、Tポイントとdポイントの2種類だけ。ポイントプログラムこそ無数にありますので、たくさんのポイントカードをGoogle Payにまとめられると便利だと考えてしまいます。

 

 

2018年11月23日まではGoogle Playクレジットが当たるキャンペーン実施中

 

Google Payでは、2018年11月23日まで、1回の決済ごとに1日5回まで抽選できるキャンペーンを実施しています。このキャンペーンは、Google Payに登録した電子マネーを利用したり、Web サイトでの支払いで Google Payを利用したりすると、50円分から5000円分のGoogle Playクレジットが当たるといったものです。ハズレはGoogle Home Miniの抽選券なのですが、けっこう高い確率でアタリも出ます。この「アタリ」は自動的に付与されるものではなく、Google Payのキャンペーンページにアクセスしないと抽選に参加できません。注意しましょう。

なお、Google Playクレジットは有料アプリや動画・音楽や電子書籍など有料コンテンツの購入に使うことができます。

 

 

機種変更時の手間軽減が今後の課題に

 

今後、Google Payを使い続けていく上で大きな課題になりそうことは、機種変更時のデータ移行です。機種変更するときにはGoogle Payアプリ上で一括移行することはできず、電子マネーそれぞれで移行作業が必要になるからです。

旧機種で使っていたApple IDで新機種にログインするだけで移行できるApple Payと比べた場合、より大きな手間を感じます。この手間をどう軽減していくのかが、Google Payに課せられた使命といえるのではないでしょうか。

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。

アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
アプリ開発:実績のご紹介


関連記事一覧

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP