売れに売れていたiPhoneがついに減産するかもしれないという噂


先日ギズモードがこんなことを報じていました。

iPhoneが売れない? ついにアップルが減産へ踏み切るか

このほどウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の報道では、サプライヤーに対して、アップルがiPhoneの発注量を減らしたとリークされていますよ。具体的な数字は明らかにされていないものの、アップルのサプライチェーンに通じた複数の情報筋からのリークとして報じられており、iPhone 6s減産は決定的とのことです。

それなりに衝撃的なニュースですが、ところでみなさん、iPhoneってこの1年間にどれくらい売れたかを知っていますか?

な、なんと2億3千万台です!!!(TechCrunchITメディア記事より)

 

iPhone6sの厚さは7.1mmなのですが、それらをすべて重ねるとなんと約1600km! これは大体青森から福岡までの距離です。そんなiPhoneにも最近は販売に陰りが出て来ているのではないか?と報じられているのです。

実は近年のアップルは、絶好調のiPhoneに業績を支えられてきました。2014年秋に発売されたiPhone 6は、リリース前から史上最大規模の7,000万台から8,000万台の生産量確保が話題に。そして、その後継機種として昨秋に登場したiPhone 6sに関しては、iPhone 6をはるかに上回る1億1,500万台から1億3,000万台の生産量を用意して挑むだなんて、非常に強気な売行き予想が立てられていたみたいです。

どうやら、アップルはもともと大量に売れることを見越して、とんでもない数の生産体制を準備していたようです。

アップルは絶好調なiPhoneの売れ行きに対してもともと莫大な数の販売計画を立てており、それが変更となると下請けにはとても大きな影響が出ます。どうやら、その変更が下請けのあちらこちら漏れ聞こえてきたようです。

 

スマートフォンの唯一の勝ち組にしてダントツナンバー1の地位を爆進中のiPhoneを「何を根拠に生産を減らしているのか」はということまではわからないのですが、さすがはサプライチェーンのプロ中のプロであるティム・クック(Apple後継者にティム・クック氏が最適な理由)率いるアップル、決しておごることなく判断が早いですね。一緒に働く人たちは大変でしょう。

 

ちなみに、Appleが下請けに厳しいのは業界の中でも有名です。そして、その圧倒的なパワーは、時として批判の対象となりました。象徴的なのは日本の中小の1企業である島野製作所がAppleを訴えたケースでしょう。

総額100億円アップル社を訴えた 日本の中小企業島野製作所「下請け」だからって、ナメるなよ 絶対に負けられない戦いがある

島野は従業員350名、年商約30億円と規模は小さいながらも、その高い技術力を評価され、インテルやサムスンなど世界中の有名企業から注文を受けている。アップル社とも取り引きし、パソコン用電源アダプタの接合部分に使われる「ポゴピン」を製造してきた。その島野が独占禁止法違反と特許権侵害でアップルを訴えたのだ。求めている賠償額は合わせて約100億円にものぼる。

 

減産によってAppleが統治するパワーを失えば、供給者はAppleに対してそっぽを向き、スマートフォン業界のパワーバランスが崩れるかもしれません。

まあ、iPhone6をすでに使っているひとにとっては、余計なことを考えず次期iPhone7を期待して待っていればいいだけなのですが…。

 

 


関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP