ラーメンの自動販売機があったのでとんこつラーメンを買ってみた話


こんにちは。

先日、海外研修でアメリカのロサンゼルスとサンフランシスコに行ってきました。サンフランシスコに行った際、「ラーメンの自動販売機」を見つけて、実際に購入してみました。

今回のあらすじ

  • CafeXの横にぽつんと置かれていたラーメン自動販売機を発見
  • 実際にとんこつラーメンを買ってみた。支払いは仮想通貨にも対応!?
  • 本格的な味だった。どんどん普及してほしいと思った

CafeXの横にぽつんと置かれていたラーメン自動販売機を発見

 

ロボットがコーヒーを作る「CafeX」を見に行ったら、その隣にラーメンの自動販売機がありました。それがこちら

実際にあった、ラーメンの自動販売機。

その名も、「YO-KAI EXPRESS(ヨーカイエクスプレス)」。奇妙な名前ですが、今までラーメンの自動販売機など見たことがなかったので、とても興味深かったです。

実際にとんこつラーメンを買ってみた。支払いは仮想通貨にも対応!?

 

実際に、どのようなラーメンが出てくるのかとても興味深かったので、この自動販売機でラーメンを買ってみることにしました。(数時間後に会食を控えていたにもかかわらず・・・)

タッチパネルを操作してラーメンを購入するのですが、この自動販売機では

  1. ラーメン2種類
  2. うどん1種類
  3. フォー1種類

の計4種類の麺類を購入することができるようでした。

今回は、一番ベーシック(らしかった)とんこつラーメンを購入することにしました。

タッチパネルに従って、商品を選択し、支払いを行います。

支払いですが、現金には対応しておらず、クレジットカードかスマホ決済のみの対応でした。

ここで驚いたのが、、決済方法に「CryptoCurrency(暗号通貨)」の記載も書かれていたことです。まだ「Coming Soon」表示が出ており、対応していないようでしたが、今後、暗号通貨での決済に対応することになるというのはとても先進的なラーメン自動販売機だと思いました。

本格的な味だった。どんどん普及してほしいと思った

 

タッチパネルで注文操作をしてから約30秒くらいで完成したラーメンが受け取り口から出てきました。ラーメンだけでなく、違う受け取り口からはお箸とスプーン、紙タオルの入った袋まで出てきて、とても丁寧な自動販売機だと思いました。

受け取り口からはできたてのようなアツアツのラーメンが出てきたので、「どのように作っているのだろう?」と疑問に思いました。

少し考えてみたところ、おそらく以下の手法でラーメンを作っているのであろうと思います。

  1. 麺や具の入った容器が自販機内にたくさん入っている
  2. 注文が入ると、熱いスープが容器内にチューブかなにかを突き刺して注入する
  3. 完成

実際にこのラーメンを食べてみたところ、ラーメン屋で出てくるラーメン同様、とても美味しかったです。

これから、このようなラーメンの自動販売機がアメリカだけではなく日本国内にもどんどん増えてくれることを期待しています。

 

 

株式会社キャパでは、新しい仲間を募集しています。
どんな仕事があるのか、やりたいことが実現できるか、キレイなオフィスに遊びに行きたい!など少しでも
ご興味ございましたらお気軽にご連絡ください。お待ちしております。

Wantedlyの募集を見る


関連記事一覧

  1. 算数犬2
we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP