割とマジで新Macbookがほしいんだが…。手に入るのはもう6月以降(;´Д`)


いや、新Macbook、発表された直後は馬鹿にしてたんですよ。「なんか、中途半端」ってね。しかも性能はiPadに毛が生えた程度っていうし、15万円もするし、どう考えてもMacbookAirのほうがコストパフォーマンスいいですよ。

しかも、動画や写真を加工するにはマシンパワーが足りないし、開発用としては貧弱だし、端子も1つしかないと言うじゃないですか。

とにかく「かっこいいだけのweb閲覧機」もしくは、「カフェでドヤ顔するための製品」というイメージだったんです。

 

ところが、です。

最近、なんの気なしにあちこちの製品レビューを読んでいたら、「なんかいいかも」って思ってしまいました。

どうせ、外ではテキストの打ち込みやweb閲覧しかしないし、重たい処理はリモートデスクトップで母機に接続してやらせて、成果品だけクラウドで共有して端末にダウンロードすればいいじゃないですか。

やっぱり外に持ち歩くなら携帯性と画面の綺麗さだけでも十分かなと…。するとRetinaディスプレイと、この薄さ、軽さが売りの新Macbookが際立ってくるわけです。

キーストロークが浅いそうですが、むしろ浅く押しこめば反応してくれる分、キータッチも早くなるかもしれません。

 

そう考えていくと、今回のAppleの「捨て方」は見事と言わざるを得ません。考えれば考えるほど、合理的に機能を捨ててるわけです。

ソフトウェアでも、「機能を捨てる」ことは極めて大事なのですが、見習わなくてはいけない、と思いました。

 

そうおもってAppleのサイトにポチリに行くと…。

すでにゴールドは6月以降の出荷、他の色でも4週から6週後…。アカン、迷ってる場合じゃなかったです。

 


関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP